エンジニアが学んだことをお伝えします

   

iPhone 12 mini純正レザーケース(カリフォルニアポピー)単体レビュー

2020-11-15    Mac/iPhone/iPad
iphone 12 mini 純正レザーケース 箱

MagSafe対応iPhone 12 miniレザーケースを購入。カラーはカリフォルニアポピー。

明るい茶色というかオレンジというか、むしろWeb上で見ると黄色に近い色で、明るさに惹かれて選んだ。

iPhone 12 mini本体より先に到着したので、単体として眺めたときの感想というかインプレッションを書いておく。レザーは使い込むほどに変化していくので、使用開始前の写真を記録に残しておく目的もある。

iphone 12 mini 純正レザーケース 箱

シンプルな白の箱。

iphone 12 mini 純正レザーケース 箱

最初開け方が分からなかったが、上から引っ張り出して中身を取り出した。

iphone 12 mini 純正レザーケース

外観レビュー

色の表現というのはとても難しいけれど、実物を見ると黄色というよりもオレンジに近い。

iphone 12 mini 純正レザーケース カリフォルニアポピー

好みに近い色でよかった。どのように変化していくのか楽しみ。

表面にはAppleのマーク。やっぱりこれがないと。

iphone 12 mini 純正レザーケース Appleマーク

こちらが内側。何やらうすーいサークルがあるのがわかる。

iphone 12 mini 純正レザーケース カリフォルニアポピー

iPhone Xの純正レザーケース(PRODUCT RED)との比較

現在使っているiPhone Xの純正レザーケースと並べてみる。

iphone 12 mini 純正レザーケースとXの比較

iPhone 12 miniはやはり一回り小さい。本体が届くのが楽しみである。

りんごマークの位置がiPhone 12 mini用の方は中央にあって、iPhone X用は高めに位置している。カメラ用くり抜き位置によるものだろうか。

底部の違い

iphone 12 mini とXのレザーケース

iPhone X用は底部エリアはオープンだったが、iPhone 12 mini用は保護エリアが広く、ケーブル接続位置などに穴が設けられている設計。何か理由があるのかしら。

ボタンの違い?

iPhone 12 miniとXのケース比較

並べてみて気づいたのだが、iPhone 12 mini用ケースの方は表面が平らなボタン(iPhone Xの方は丸みをおびている)。

iPhone 本体のデザインに合わせたのだろうか。押しやすさには変わりはなさそう。

カメラ開口部の縁

iphone 12 miniとXのレザーケース比較

iPhone Xのケースではカメラ開口部は革素材のまま仕上げられている。iPhone 12 miniは別素材がはめ込まれているように見える。色合いがちょっとだけ違う。製造上の理由とかがあるのだろうか。

おわりに

iPhone 12 mini本体が届くのはまだ一週間以上先なので、待ちきれずにケースのみをまじまじと眺めてみた。

iPhone Xの純正レザーケース(Product Red)を3年間使用しているが、品質は間違いないので、長く愛用できることは間違いないと思う。心配だった色合いも実物を見たら好みの雰囲気だったので安心。

iPhone 12 miniが届いたら、つけた状態での雰囲気も写真に残したいと思う。はやく来ないかしら。

iPhone 12 mini ブラックに装着(2020.11.22追加)

黒モデルともよくマッチしてると思う。

iPhone 12 miniとケース
iPhone 12 mini ケース 裏
iPhone 12 mini ケース 底
カメラエリア iphone 12 mini 純正レザーケース

参考記事(iPhone X用Product Redの経年変化)

iPhone 12 miniに関する記事

HOME

Related Posts

   
   

Category



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017-2020