エンジニアが学んだことをお伝えします

   

お気に入りの浅煎りコーヒー豆(エスプレッソ用)メモ

2021-01-29    Cafe/Tea
コーヒー豆

好みが合う人がいたとして、その人がどんなものを試して何を使っているかというのはとても参考になる。

だから、この記事を書きたいと思う。

お気に入りのコーヒー豆について。そしてこれまで試したコーヒー豆と感想について。

好みが合う合わないの話なので、これから紹介するコーヒー豆があなたにオススメできるとは限らない。

ただ、僕がGoodと思っているコーヒー豆うち1つでも好きならば、紹介する他の豆も気に入ってもらえるかもしれない。

何より自分の備忘録として。

さて、対象はエスプレッソ用の浅煎りコーヒー豆。

あまりメジャーな飲み方じゃないかもしれないけど、フルーティというか爽やかで甘味のありながら適度な酸味の豆でエスプレッソを抽出し、砂糖を入れてトロリと甘くスペシャルな味わいのコーヒーはやめられない。

以下に紹介していくけれど、僕はどうやら柑橘系の爽やかな酸味・風味が好みの模様。

お気に入りのコーヒー豆

これまで何種類ものコーヒー豆を試してきた。その中でお気に入りは以下の通り。

Seven SeedsのEspresso Blend

定番で間違いないのがセブンシーズのエスプレッソブレンド。確実さを取りたいときはこれにしている。(COVID-19の影響により、オーストラリアからの発送による購入が今はできない)

Seven seeds espresso blend

なお、特定の農家から購入した豆でスペシャルなシリーズが展開されていることがあり、それらを選ぶこともある。こちらの写真(上)は、ブレンドと別の種類の豆を1つずつ買ったときのもの。

Tera CoffeeのMedium Roast

テラコーヒー 豆 2つ

テラコーヒーはウェブサイト上でコーヒー豆を選びやすい。(店舗もある:コーヒー豆屋、TERA COFFEEを訪れて。横浜近くでスペシャルティコーヒーを扱うお店。(2019.11.2))

ラインナップから選ぶとすると、浅めだとMedium Roast。Medium Roastは「明るい酸味と爽やかな香味」とある。その中で色々試してお気に入りを見つけるようにしている。(上の写真だと、右側はCityロースト。試してみたけど僕には合わなかった…)

Medium Roastの中でも、コスタリカの豆。さらにその中でサンタテレサという豆がお気に入り。

サンタテレサ(コスタリカ)

Costarica サンタテレサ テラコーヒー

<詳細>
ローストタイプ:ミディアムロースト(浅煎り)
生産国:コスタリカ
農地:サンタテレサ2000
柔らかい口当たり。
はちみつのような甘み。
オレンジのような丸い酸味。

これが今のところ僕にとって一番合うコーヒー豆。

ジャサル農園(コスタリカ)

続いて美味しいと思うのがコスタリカのジャサル農園の豆、浅煎り。

ハチミツのような甘み。
クリーンで甘みのあるプラム。

Geisha種

Tera coffee and roaster Geisha Special

ゲイシャというコーヒー豆があるのをご存知だろうか。希少価値の高いスペシャルティコーヒー。Tera Coffeeでも取り扱われていることがある。ただしお値段が通常のスペシャルティコーヒー豆のさらに2-4倍。一度試してみたが、確かにおいしかった。ただ、毎日飲み続けるかというとお値段が…

コーヒー好きなら知っておいた方が良いと思うので、ここで紹介しておきます。

過去試したコーヒー豆とその感想

試してみたけど、ぐっとこなかったものも挙げておきます。どっちかっていうと自分のためです。すぐ忘れちゃうので。色々試そうと思ったときに、同じ豆をもう一度買わないように。。

なお、僕の好みに合わなかっただけであり、美味しい美味しくないの判定ではないことをご承知おきいただきたく。比較的浅めの豆をお探しの方に参考になれば。

Breather Coffeeで購入した豆

Breather Coffeeは逗子にある、オーストラリアメルボルンスタイルのコーヒーを楽しめるカフェ。

訪れたときの記事はこちら:逗子にあるBREATHER COFFEEで美味しいコーヒーと落ち着いた時間を。オーストラリアのコーヒーが好きな人にもオススメです。(2019.3.19)

こちらでコーヒー豆を買うこともできる。Maker Coffeeはオーストラリアのコーヒー豆。カフェでいただいたおいしかったと記憶しているけれど、気がついたらいつも買う豆は結局セブンシーズの豆に落ち着いてしまった。

StarbucksのBronde Blend

Starbucks Blonde roast コーヒー豆

スタババイト経験者から教わったスターバックスのコーヒー豆のジャンル。

BLONDE ROASTが浅煎りだそう。

試したものの、フルーティさが少なくて、僕には合わなかった。コーヒー豆の選び方って難しい。

Blue Bottle Coffeeの豆

ブルーボトルコーヒーのカフェラテも好きなので、浅煎りの豆を購入してみた。

ブルーボトルコーヒー豆

店頭で好みを伝えてお薦めいただいたのがこれ。エチオピアの豆。

おいしかったのだが、レギュラー入りするほどには感じなかった。好みに合う合わない問題というのは難しい。

KALDI

カルディ ブルーマウンテンブレンド
KALDI blue mountain blend rear

いただきもので試したKALDIのBlue Mountain Blend。

美味しくいただけるものの、ずっとスタメンで買い続けるかというと、そこまではならなかった。でも、身近で手に入る豆だけど美味しいなぁと思ったのはすごく覚えている。カルディのお店さえあれば買えるのでオススメっちゃおすすめです。

国別の感覚

どの国のコーヒー豆が合うかなぁと思ったとき、頭にあるのはエチオピアとコスタリカ。新しいお店で買うときに、迷ったらこの辺りの国の豆を買うようにしている。

おわりに

エスプレッソ抽出

エスプレッソの美味しさに気づいてから、エスプレッソマシンから豆まで色々試してきた。コーヒー豆を選ぶだけでも本当に多様。奥が深くて楽しい。

浅煎りの豆でエスプレッソというのは本流じゃないと思うのだけど、美味しいと思うので今はこのスタイルに落ち着いている。

夏は砂糖を入れず氷と水を足してさっぱりしたアメリカーノを楽しむのだが、爽やかな酸味がマッチしてこちらもなかなかのお気に入り。

カフェアメリカーの
アメリカーノ

繰り返すが、これは合う合わないの問題だと思っていて。僕のおすすめの豆で好みが合う方は、他のおすすめの豆も美味しいと感じる可能性は高いと思う。

スペシャルティコーヒー豆探しに少しでも参考になったら、これ幸いです。

関連記事

HOME

Related Posts

   
   

Category



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017-2021