エンジニアが学んだことをお伝えします

   
2019-10-15    Mac/iPhone/iPad, Money
   

オートチャージ機能付SuicaをApple Watchに追加する方法

オートチャージ機能付きSuicaをApple watchに追加する方法

今回のミッションはシンプル。

「Apple WatchでSuicaを使えるようにせよ。オートチャージも働くようにすべし。」である。

一般的に、Apple WatchでSuicaを使うにはいくつかの方法が用意されている:

何がどう違うのかわかりにくくて、色々調べた。僕がやりたいのはiPhoneでもApple WatchでもSuicaが使えて、それぞれにオートチャージ機能を持たせること。すでにiPhoneではSuicaアプリを使用してSuicaを設定済み。これに加えてApple Watchにも追加したい。

これについてのヒントはこちらにあった。

JRの説明 apple watchの設定 Suica

JRE website



iPhone上で新規でSuicaを発行し、Apple Watchに登録するらしい。

ここがポイントだ。Apple Watchで使うSuicaの管理はiPhone側で行う。Apple WatchはSuicaを利用する端末として使用する。


iPhoneに登録済のSuicaをApple Watchに移行してしまうと、iPhone側でSuicaが使えなくなってしまうらしい。それは困るので、僕はApple Watch用に新規Suicaを発行し、オートチャージ機能を追加した。


なお、本記事はすでにViewカード(当方の場合はJALカード Suica)を持っていて、Suicaアプリを使ってiPhoneでSuicaを利用している人向けです。過去記事も参考にしていただければと思います。

手順概要

手順は少しややこしいので、概要を最初にまとめておく。

しつこいかもしれないが、2つのSuica(iPhone用とApple Watch用)を1つのアプリ(iPhone)で管理することになる。SuicaアプリをiPhoneで開いて、iPhone用のSuicaとApple Watch用のSuicaを切り替えて管理する。ここは全体の構造を理解する上で重要だ。手順は難しくないが、手数は多いので、作業しながら自分が今どこで何の作業をしているか理解しながら進めたい。

オートチャージ設定はApple Watch用のSuicaを発行したに行う。ここも覚えておこう。

それではApple WatchでSuicaを使用し、オートチャージを設定する手順をみていこう。僕のiPhoneは言語設定を英語にしているため、ところどころ英語の表示になっているが、概ねの説明に変更はないものと思う。

Apple Watch用にSuicaを発行する

まずiPhoneとApple Watchを用意する。すでにペアリングされているものとして話を進める。

1.iPhoneでSuicaアプリを起動

基本的な設定は全てiPhone側で行う。

2.右上の「+」マークを選択

apple watchにsuicaを追加

すでにiPhoneでSuicaを使っているなら、1つ使用中のSuicaが表示される。これに1枚Apple Watch用のSuicaを発行するイメージ。

3.Suica発行

「アプリから発行」となっていることを確認。「My Suica(記名式)」の下にある「発行手続き」を選択。

apple watchにsuicaを追加

iPhoneでSuicaを登録し、JALカードSuicaでオートチャージを設定する際に調べたところ、オートチャージを設定するなら記名式を選ぶ必要があるとのことだった。Apple Watchでもこちらを選ぶ。

4.登録するSuicaの名称を入力

識別しやすいように名前を設定しよう。

apple watchにsuicaを追加

同じ画面でクレジットカードを選択する(すでにViewカードをiPhoneで登録している場合は、それが表示される)。

5.SFチャージ

Suica新規発行の際はチャージ(入金)が必要。金額を選んで進めよう。

apple watchにsuicaを追加

なお、ここまではまだSuicaそのものの設定。ここからApple Watchを選択していく。

6.Apple Watchを選択する

進めていくと、iPhoneにしますか?Apple Watchにしますか?と聞かれる。

apple watchにsuicaを追加

Apple Watchを選んで次へ進めていく。

すると、以下のように“My Suica(記名式)”の先ほど設定した残高7000円&名称「AppleWatch」がApple Watchに追加されますよ、と表示される。

apple watchにsuicaを追加

エキスプレスカードになりましたよ、と表示されるので次へ進む。

express transit card set

7.Suica発行完了

Suicaの発行が完了しました、と教えてくれる。

apple watchにsuicaを発行

ここまででApple WatchでSuicaが利用できるようになった。

オートチャージ設定

Apple WatchへのSuicaの設定が完了したら、別途オートチャージ設定を行う。

iPhoneのSuicaアプリをひらき、上に表示されるSuicaカードの表示を確認。左右にスワイプして切り替えできるようになっている。

apple watchにsuicaを追加




Apple Watch用に発行したSuicaを選択し、右下の「チケット購入Suica管理」をタップ。

オートチャージ設定 apple watch suica




オートチャージ設定を選択

オートチャージ設定 apple watch スイカ




説明を読み、「オートチャージ申込/変更」を選択

オートチャージ設定 apple watch suica




規約・特約を読んで同意する。

オートチャージ設定 apple watch




オートチャージ金額を設定する。

オートチャージ申し込み apple watch suica




これで完了。

suica オートチャージ申し込み apple watch

実際に使用してみて

Suicaで設定した金額以下の時に改札を通ってみる。

すると…

Apple watchでオートチャージ Suica

ちゃんと設定した金額(7000円)がオートチャージされた!

素晴らしすぎる。

腕にSuicaがついている、というのは本当に便利。これは使用してみて実感。

さっと手を出したら「ぴっ」で支払いが完了。

読み取り機に接触させず、多少離れていても反応するので時計が傷つく心配もない。

オートチャージもiPhoneでSuicaを使うのと同じように機能する。

この便利さを享受するためには設定のややこしさを乗り切る必要があるが、やってみればそれほど難しくない。ぜひApple WatchでSuicaを使ってみてほしい。

では。

Apple Watch関連記事

HOME

Related Posts

   

New Posts

Category



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017-2019