エンジニアが学んだことをシェアします

2018-04-05 Blog, Book

「金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ」は幅広い職種の人に読んでほしい本

金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ: 永江一石のITマーケティング日記2013-2015 ビジネス編」永江一石さんの本を読んだ。

大変ためになった。ビジネスを営む人から、公務員を務める人たちまで幅広い人達に読むことをお勧めしたい本。

ブログを書く人にもとても勉強になることが詰め込まれている

とにかく内容が充実していて多くの方に参考になるに違いない。

一般的な「本」としての完成度はそこまでではないと思う。文章も綺麗にまとまっているかというと、他の本に比べればそこまでではない。

ブログを集めて本にした感じ。基本は口語調。

もともとブログで投稿した記事をまとめているのでそのようになっているのかなと思う。(ネットでブログを読みなれている人はすんなり入ってくると思う。)

でも言っていることはその通り!なるほど!と思うことばかり。

内容は濃い。他の人が言ってくれないようなことをズバズバ言ってくれる。

サイトを運営する人は細かいことを誰かに質問する前に、まずこの本を読んだらいいと思う。

特に共感できた部分

僕が特に共感したのは、サイトの設計やデザインは人が行うもので人件費がかかるものであり、外注するならしっかり必要なお金を払わなければいいものにはならない。そしてただ払うだけじゃダメで、発注者側がどうしたいのか、をクリアにしておかなければならない。

という考え。

エンジニアをやっていると、自分の価値というか、自分が仕事をしたらいくら稼げるか、という意識が重要となる。

モノを作る仕事じゃなくても、設計やアイデアの構築だって時間がかかるし、その費用は必要。

日本はどうもここにお金を払う意識が少ないように思う。

ただでやってもらえる感覚をもっているというか。

アイデア出すのもサービスじゃない。

なにかを教える、手伝うのだって、価値があるなら本当はお金をもらえるはずで、教えてもらう側は対価を支払うべき。世の中Give & Take。

ここの重要性をこの本は何度も繰り返してくれる。

あと、広告業界やテレビ業界、ネットビジネス等々のジャンルで独自の視点と思考でロジックが組まれていて面白い。

各テーマが2013〜2015年に書かれているということが驚き。

2018年の今でも一読に値する。

印象に残った言葉

教育

教育は投資

子供に対するお金は投資。

日本はあまりにも子供に投資してない。将来優秀な若者が事業立ち上げて稼いで税金を収めてくれるのに。その若者の数も優秀さも減少しては日本に未来はない。

コストと投資の感覚が日本の政治にはないという。

政治家は票をもらわないと職を失ってしまう。子供は投票できない。だから子供の方に向きにくい。親の世代、孫がいるくらいの祖父母の世代の皆さん、子供の未来のために活動する政治を支援しませんか?と言いたい。

じゃないと多数派の高齢者向けの政治ばかりが優先されてしまう。今の政治はお年を召した方の方ばかりをみている気がする。

 

ブログを書くにあたって重要なこと

訪問者の役に立つ・何度も来たいと思う・みんなに知らせたいと思う

そんなサイトは質が高い、これがGoogleさんの基本的な考え方。そんなブログにはもちろんたくさんの人が訪れる。

オウンドメディアやコンテンツの拡充を行うときは「誰に対して」「何の目的で」をよく考えて、最も効果の高い戦法を選択すべし

あれ、これ、このあいだDaiGoさんの本に書いてあったことと同じだな。

やはり相手あってのこと。

そこをしっかり考えることが成功につながる、というのが結果を残している人たちにとって共通の理解なのかもしれない。

ブログだけじゃなくてビジネスも同じ。ブログを通じて学ぶことはたくさんあるなぁ、と。

おわりに

発信する際は、誰に向けてどう役に立つかを考えることが重要だと改めて教わった。

でも僕はそれに加えて、書きたいことを書く、も続ける。

ブログを楽しみたいということはもちろん、結構書きたいこと書いただけなのに検索流入で読まれる記事もあるから。

例えば、以下の記事は結構勢いで書いただけなのに、「手ぶら 外出」で検索してこの記事にたどり着く人が毎日10人以上いる。

手ぶらで外出。小さい財布とスマートフォンでできることを改めて整理してみる

ターゲットを明確にする大切さは十分理解したつもりだけど、自分では思いつかないニーズがある可能性もあるということ。なので書きたい記事を書かずにストレスためるくらいなら、書きたいように書いてさっさと次の記事に取り組んだ方がいいと思う次第である。

この本はタイトルもインパクトがあるけど内容もインパクトあり。ネットを活用してビジネスをする人にまず読んでほしい本の一つだ。

金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ: 永江一石のITマーケティング日記2013-2015 ビジネス編@Amazon


CATEGORY

© Yo 2017