エンジニアが学んだことをシェアします

2018-03-31 Camera, Life

満開の桜@大田区六郷土手。桜と桜まわりの物語を撮影してきた。

六郷土手 桜並木

多摩川六郷橋緑地沿い六郷土手の桜が満開。京急六郷土手駅下車徒歩10分ほどの場所。3/25に以下の記事を投稿したが、あれから1週間程で満開に。

2018春の訪れを写真でお届けしたい。桜が咲き始めましたよ。

 

今日は本当に花見日和で、天気は最高、風もなく、桜は満開と条件が揃った。

桜 満開 六郷土手

 

六郷土手は整備された道のため、散歩をしている人やランニングをしている人、自転車で通過する人など様々な人を見かける。

六郷土手 桜 2018 満開

 

もちろんベビーカーでも上がっていけるので、家族連れも多く、十分楽しめる。

ベビーカー 六郷土手 桜

 

僕は写真を撮るときに物語も入れたいと思っていて。ただ桜を撮るのもいいのだけれど、そこに人や動物が入ると物語がうまれる。何枚か今日の写真を載せたい。

桜と家族

お父さんの後ろ姿を一枚撮らせていただいた。

これは一眼レフでお子さんを撮影している瞬間。実は遠くに制服を着てランドセルを背負って歩いている少年がいる。

おそらく今年入学くらいの年齢で、桜の前でポーズをとって記念撮影していたりした。The 幸せな家族、と言った感じで、こちらもほっこりさせていただきました。

 

桜と夫婦ランナー

桜 ランナー 六郷土手

なんとなく自転車を撮影していたときに、通過したのは夫婦っぽいランナー二人。

桜並木の下を二人でランニング。いいっすね。

 

桜と写真撮影中のお姉さん

土手が高い位置を走っているので、桜の花に結構近寄れる。

カメラもってたらやっぱり近づいて撮りたくなりますよね。という写真。なんだか絵になるシーンだったのでパシャリ。

 

桜と鳩

桜 鳩 六郷土手

鳩も桜を楽しむのかしら。

 

桜と猫

土手を降りても土手に沿った道が走っている。

土手の上は人がたくさんいたけれど、脇道はあまり人がいなくて猫の存在感が気になったのでパシャリ。

猫はのんびり散歩といった感じで、これはこれで。

 

一眼カメラを持ってファインダーから景色を覗くと、ただなにげなく歩いているよりも気付くことが多い。だからカメラはやめられない。

おわりに

桜吹雪 六郷土手

カメラを構えていたときに、たまたま突風がきて桜を舞い散らせた。

そのときカメラ設定のF値が2だったので、散った桜がぼけていい感じの写真になった。

 

満開の桜を楽しめるのはほんの数日。

一日一日を大切にこの季節を楽しみましょう。


CATEGORY

© Yo 2017