エンジニアが学んだことをお伝えするブログ

東京タワー

子どもと東京タワーを訪れたメモ。当日の予定・ルートなど。

2022-06-07Travel

2022年5月末の暑い日。子ども(4歳)と2人で東京タワーに行ってきた。

予約、時間、ルートについて簡単にメモしておく。

チケット

複数フロアある東京タワー:

トップデッキに行くためにはツアーに参加する必要がある。

せっかく行くなら、ということで、トップデッキツアー含む前売り券で、大人2800円、4歳の子ども1200円を購入。時間を選ぶ必要があったので、お昼食べてから参加するイメージで14:00-14:15にトップデッキで予約した。

当日のスケジュール

以下、こんなスケジュールで楽しんだ、ということで参考になれば。

11:30頃浜松町駅着。東京タワーを見つけテンションを上げながら東京タワーに向かって歩いていく。

東京タワー 浜松町から

増上寺通過中に子どもと写真を撮ったり楽しみながら散歩。東京タワーまで30分くらいかかったかも。

東京タワー 増上寺

東京タワーには12時頃に到着し、フットタウンエリアをうろうろ。チケット売り場や食事をとる場所がある。

フットタウン2Fのフードコートのモスバーガーを買って食事。結構混んでた。。

13時過ぎにフットタウン1Fからエレベーターに乗りメインデッキ2Fへ。

東京タワー 景色

ここで景色を楽しんだり休憩して過ごす。

14時に近づいたらメインデッキ2Fにトップデッキツアーを待つ場所があるので並ぶ。

ツアーは複数人1グループで順次移動しながら進んでいく。なるほど、ツアー予約に細かく時間が書いてあるのはそういうことか。

ツアーは、部屋を通過したりウェルカムドリンクや写真撮影があり、エレベーターに乗ってトップデッキへ上がる。それ以降は自由。

トップデッキ(250m)は不思議な空間だった

子どもが降りたい、というタイミングでエレベーターでメインデッキ(150m)へ。

メインデッキ1Fには少し休憩する場所があって、3時のおやつにソフトクリームを食べたり子どもも楽しめたようだ。

帰り際、お約束の上から地上を見下ろせる場所も。

地上に降りて、見上げる形の東京タワーもカッコよかった。

東京タワー

16:00くらいまで写真を撮ったりして遊んで、帰路についた。

おわりに

1958年に完成し、今も存在感を放つ東京タワー。

スカイツリーの方が新しいのもあってより楽しみやすいように作り込まれてるとは思うけど、まだまだ東京のシンボルとしての存在感はあると思った。我が子も楽しんでくれたようで何より。

関連記事

HOME

Related Posts

Category



Yo
エンジニア(Mechanical)。日々の生活や読書、仕事などから学んだことをまとめます。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017-2022