エンジニアが学んだことをお伝えします

   

HAREのレザージャケットを売却。感謝とともに。

2021-04-04    Fashion, Less is More
レザージャケット 革ジャケット

いつ買ったかもあまり覚えていない。10年以上前であることは確か。

体の小さい僕はなかなかジャストサイズの洋服に出会えない。いろんなお店を渡り歩き、試着しては合うものを探す。そうやって見つけた洋服は大切に着てきた。

この革ジャケットはその一つ。

しかし、子供が産まれてから特に革ジャケットを着なくなった。リュックを背負う機会が増えたのもある。革が痛むかなと思って気なくなっていた。

革ジャケット

それともう一つ、最近の変化は白シャツばかり着るようになったこと。(記事:最近白シャツしか着なくなった。自分のファッションに対する変化についてのメモ。

これとレザージャケットは僕は合わせにくく感じていて。

これまでなぜ手放せなかったかというと、ジャストサイズだったから。

手放そうかな、と思って最後に着てみるとサイズがぴったりで「ああ、もう出会えないかもしれないし」と思い止まってきたところもある。

HARE レザージャケット
HAREはタイトな洋服が多く学生時代から社会人初期に重宝していた

でも、今考えが変わってきていて。

今後スーツケースいくつかで世界を飛び回りたいと思ったとき、このジャケットは持っていかないな、そうあるときふと考えた。

だから手放すことにした。誰かに着てもらったほうがいい。

革ジャケット 前

今思い返すと若いときに結構着た気がするな。中に普通のカットソーを合わせるか、薄手のグレーのパーカーを合わせることが多かった。革も柔らかくて着やすかったなぁ。

20代から30代前半に特にお世話になった。今までありがとうございました。

自分自身を徹底的に軽くし、機動力を高めたい。最近特にその思いが強い。

着なくなった洋服は徹底的に手放している。

不思議なことにこれまで洋服を売却してきて後悔したことはない。それだけファッションのスタイルが固まりつつあるということだと思う。ここまで来るのに20年くらいかかった。

ただ、ファッションを楽しむことをやめたわけではなく、今でも好きな洋服は大事にしているし、ジーンズへの熱い思いは冷めていない。より選択と集中をしているといったところ。

引き続き、身を軽くしながらも洋服を楽しむ、それを両立させながら目指すところに向かっていきたいと思う。

HOME

Related Posts

   
   

Category



Yo
エンジニア(Mechanical)。日々の生活や読書、仕事や海外勤務等から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017-2021