エンジニアが学んだことをお伝えします

   

NATOストラップ × パネライルミノール。ベルト交換で時計の新たな一面を引き出す

2019-06-20    Fashion
Panerai × NATO ストラップ ベルト

時計のベルトが革製の場合、汗をかく夏場に着用するか悩ましい問題が発生する。革は水に弱く劣化が早まってしまうからだ。

これに対して、ベルト交換が可能な時計ならラバーベルトやナイロンのベルトに交換するという手がある。

今回、手持ちのパネライ ルミノールマリーナ 40mmにNATOストラップを合わせてみた。想像以上にうまく馴染んだので写真多めで紹介します。

選んだ商品

購入したのはこちら。

NATOストラップ 22mm クロノワールド

CHRONOWORLD(クロノワールド)というところのNATOタイプナイロンベルト。

選択の際には必ず手持ちの時計のベルト幅を確認しよう。サイズが複数種類ある。PANERAI PAM00048の場合、22mmだったので、それをチョイス。

また、腕周りの長さも自分の手に合うか念のため確認しておくと良い。

色はパネライの時計によく合いそうなオリーブ。

届いた商品の内訳

2つ届いたので??となったが、それぞれ以下の内容物だった。

一つにはNATO ストラップと予備のバネ棒。

NATO ベルト 中身 クロノワールド

予備のバネ棒が付いているが、純正のバネ棒がある場合はそちらを使ってください、との注意書きあり。


2つめはバネ棒を外すツールと説明書。

ベルト外しツール

なかなか丁寧な商品だなと思う。

取り付け方

パネライにNATOストラップをつける

取り付け方は付属の説明書に記載されているのでそれに従う。

パネライルミノールへの取り付け

パネライベルト取外し

パネライのルミノールPAM00048にもともと付属されていたツールで使用中のベルトを外す(今回購入したNATOストラップに付属されていたツールは使っていない)。

ベルトを留める棒は、ベルトを外した後に元に戻しておく。

パネライにNATOベルトをつける




ここからは付属の説明書に従うだけ。

NATOストラップ 取付手順




時計を裏返して、NATOストラップを通すところ。

パネライにNATOベルトを通す



取り付けた状態(横から)。

NATO ストラップ 横から見た状態

取り付け自体はとても簡単。

レビュー

PAM00048 40mmルミノールにNATOベルト

デザインはシンプルで違和感なく馴染む。安っぽさもあまり感じない。

そして、オリーブカラーはパネライによく合うな、と感じた。この色を選んでよかった。

もともとイタリアの海軍に供給されていた歴史から、時計の持つバックグラウンド的にもミリタリーテイストと相性がいい。

黒の文字盤への印字は緑・黄・オレンジ系で、カーキのベルトはデザイン的にも合う。


外のベンチで撮影した写真。

パネライ nato ベルト 外で

Cool。これはナイスな買い物をした。

おわりに

パネライ × NATO ストラップ ルミノールマリーナ

NATOストラップは色やデザインも豊富でお値段も張らない。それでいて時計の印象をガラッと変えてくれる。

夏場の着用によるレザーベルトの劣化が気になるなら、NATOタイプのナイロンストラップを一度検討してみるといいと思います。

PANERAI ルミノールマリーナ PAM00048 40mmに関する記事

HOME

Related Posts

   
   

Category



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017-2020