エンジニアが学んだことをお伝えするブログ

   

FABRIC TOKYOのスーツ2着目。今回は汎用性の高いビジネスカジュアルスーツ。

2021-05-20    Fashion
2着目 FABRIC TOKYO

スーツはオーダーメードで。

1着目でかなり満足度が高かったため(以下記事)、今後作るスーツはフルオーダーメードとし、既存のものと入れ替えていくこととしている。

オーダーメードのメリットは、自分の体にジャストフィットで製作できること、また好みによって微調整やパーツの変更ができることである。購入から到着まで時間はかかるため、計画的につくる必要はあるけど。

最近、1着そろそろ替え時だな、というスーツがあったのでこのタイミングで入れ替えることに。先日FABRIC TOKYOのお店で色々と相談に乗っていただき2着目(主に夏用)をオーダーしてきた。

それが約1ヶ月で完成。到着。

今回も丁寧に梱包され届いた。

Fabric tokyo 2着目 開封

MADE for YOUの文字。

MADE for YOU Fabric Tokyo

爽やかな組み合わせを意識。なかなかいい。

夏用 Fabric Tokyo スーツ

今回のコンセプト

2着目は夏と春秋の暖かい日を意識して「軽め」なスーツをつくることにした。

購入したのは以下のもの:

カジュアルジャケットということで肩パッドなし、裏地なしで軽めに。それでいてジャストサイズなので綺麗にまとまる。

パンツは丈を少し短めにして、クッションさせないジャストサイズに調整。スッキリさせるようにした。細かい調整ができるのはオーダーメードなので当たり前だけど、これらのデータはしっかりFABRIC TOKYOのマイページに残せる。バリエーションがいくつかできてくれば、今後そのときにほしいスタイルに応じて選ぶだけですぐオーダーできるようになる。便利だ。

うまくFabric Tokyoさんに囲い込まれているわけなのだが…

2着目を作っての感想

一着目を作ってある程度着てからの2着目だったので、色々と夏用として微調整をできた。

生地選びだったりサイズ選びだったり、何回もトライして経験しながら自分を知るというか、本当に自分に合うスーツとは、というのがわかってくる気もする。2着目を作ってそう思った。

手持ちのスーツ全てがお気に入りで納得のいくモノになるまでまだ何年かかかりそうだが、それらも色々こだわりながら楽しんでいきたいと思う(既存でまだ着れるスーツは着ている。流石に勿体無いので)。

今回はかなりカジュアルよりにしたが、このジャケットはプライベートにも仕事にも使える汎用性の高いもの。パンツはもちろんシャツ+パンツのみという使い方もできる。持ちモノの数を減らすことにも貢献してくれるだろう。

耐久性みたいなところは長く使わないとわからないので、今後大切に使いながら気づきがあればまた記事にしたい。では。

HOME

Related Posts

   
   

Category



Yo
エンジニア(Mechanical)。日々の生活や読書、仕事や海外勤務等から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017-2021