エンジニアが学んだことをお伝えします

   
2018-11-21    View
   

Twitterも悪くない。数ヶ月やってみて気づいたメリット。とりあえず使ってみる、は正しい判断かと思います

twitter メリットデメリット

Twitterを始めるまでは何をするサービスなのか理解できていなかった。

今も理解しきれていないかもしれない。

それでも数ヶ月活用してみて実感したTwitterのいいところがいくつかあるので、リストアップしてみたいと思う。

インプット編

毎日気づきをもらえるつぶやき

参考になるつぶやきを定期的にしてくれる方のツイートはとてもありがたい。毎日気づきを与えてくれるツイートは考え方や行動のガイドラインになる。

こころの持ちようとか大事なことを定期的に発信してくれる方々には感謝感謝。

また、センスあふれる発想をしている方のつぶやきは刺激になる。

色々と勉強して自分の幅を広げたいと思う。

メリットその1は多くの気づきやアイデアをもらえること。

最新情報

Twitterはタイムリーな情報をゲットする上でとても便利。

地震の情報や電車の遅延情報はTwitterが圧倒的に早いし情報量が多い。これは現時点でどのメディアよりも使いやすい。

時系列での情報の追いかけやすさもGood。検索して時系列でならぶ情報を見るだけ。

最新製品の感想もTwitterで情報検索するのが一番早い。

メリットその2は、最新情報の取得しやすさ。

トレンドを追いかけやすい

流行っていることや、多くの人がつぶやいているニュースなど、Twitterから得られる情報は多い。

テレビを見ない僕は、世間のちょっとした話題をTwitterから得ることが多くなった。

これもメリットのひとつなのかなと思う。

アウトプット編

iPhone

Twitterでの発信は短い文章でアウトプットするトレーニングになる。

140字は短いようで長い

長いようで短い

言いたいことをまとめ、理解してもらえるように配慮する。これがとても難しい。

限られた条件で何かをアウトプットするトレーニングというのは大切。

時間もリソースも何事も無限にあるということはない。

限られた文字数でどう伝えるか、何を伝えるか、まだまだトレーニング中だけど、継続することで技量を向上させたい。

Twitterを数ヶ月使ってみて感じたメリットまとめ

ともすればただ眺めているだけで終わるTwitter。

何も考えず、流れてくる情報に流されるだけでは時間だけを浪費してしまうことになる。

自分の意思や目的を持って、毎日取り組めばインプット・アウトプット両面でメリットを享受できるはず。

そもそも使ってみないことには、何の気づきもなければ何の失敗もない。とにかく使ってみて、自分に合わなければやめればいいし、合うなら続ければいい。

僕はTwitterに可能性を感じるので今後も色々試していきたいと思う。なかなか便利で面白いですよ。

まだまだひよっこな僕は今日もTwitterと悪戦苦闘します。

関連記事:

HOME

Related Posts

   

New Posts

Category



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017