エンジニアが学んだことをお伝えします

2018-08-18 Mac/iPhone/iPad

iPhone Xで撮った花火の写真。普通にとってもそれなりに写ることに驚き

六郷土手 花火

先日花火を見た際に驚いたことがある。

iPhone Xのカメラ性能に、だ。

暗い夜空に打ち上がる花火の撮影は難しい。

ガラケー、スマホレベルでのカメラでは、従来それらしい写真を得ることすら難しかった。

でも一眼カメラを常に持ち歩いているわけでもないので、iPhoneでそれなりの写真を撮れるなら大変ありがたい。

バージョンアップするたびにカメラの性能が向上しているiPhone。

今回iPhone Xで花火を撮影したので写真をご紹介したい。

撮影方法

写真

六郷土手花火

夜景については、昔に比べればそれなりに撮れるようになってきた。

粗さは残るものの、スマートフォンの画面で見るだけならあまり違和感ないと僕は思う。

違和感がない、というのは、ああ〇〇を撮っているんだな、と判るレベル。上の写真で言えば、都会のビルが立ち並ぶ景色と打ち上がる花火を一枚に収めてみたもの。

左半分にはしっかりビルの雰囲気が出ているし、花火もまぁ花火だと判る。

 

縦のレイアウトで撮ってみたもの。

花火の広がりや、空の広がりとか、マンションの明かりとか、まぁそれなりには撮れている。

 

拡大してみると…

アイキャッチ画像に使用している写真がこちら。

六郷土手 花火

 

花火の部分を拡大してみる。

iphone x で花火 撮影

思ったよりも花火の線が撮れている印象。

スクリーンショットの右下に映る手すりなんかもしっかり表現されてて驚く。

ノイズが多いのは致し方ないと思う。携帯電話のカメラで撮った夜景の写真に文句を言ってはいけない。

 

ビル群の方に目を向けてみる。

花火の赤がビルに反映されていていい感じ。

もちろんノイズはひどいのだが、ビルのどの部屋に明かりがついているかまで判別できるレベルで撮れている。

普通のモードでただ撮っただけの写真にしては悪くないのでは?と感じる。

まとめ

数字での評価は一切していない。

たださっと撮った花火の写真を見て思ったことを書いただけ。

けれどもスマホのカメラの性能向上に驚くばかり。Appleがスマホの未来と謳うだけの実力はある。

今後カメラの性能はどこまで上がっていくのだろうか。

そろそろ新しいiPhoneが出るとの噂だが、僕は買わないけど、技術の進歩には期待しちゃうかな。

iPhone Xのカメラって夜景と花火はどのくらい撮れるの?と思っている方に少しでも参考になれば幸いです。

関連記事:

HOME

RELATED POST

   

NEW POSTS

CATEGORY



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017