エンジニアが学んだことをお伝えします

   

iPhoneのポートレートモードで撮影した写真は、普通のモードに戻せる。失敗したと思ったら後から普通に戻す方法

2018-06-10    Camera, Mac/iPhone/iPad
アイキャッチ用portrait 解除

iPhoneのポートレートモードについてはいままでに何度か分析してきた。

それっぽい写真は取れるけど、あくまで人を撮影するモードであって、細かな描写を要する被写体には使えない。詳しくはこちらの記事

ポートレートモードで撮った写真が失敗に終わってしまった場合、みなさんどうしているだろうか。

実はこれはプログラムで加工してボケ感を出しているものなので、撮影後も元に戻せる。

失敗写真を元に戻した例

ポートレートモードで撮影したもの↓

sakura iphone x

写真中央下エリアのボケ感が不自然。

ポートレートモード解除後↓

変なボケ加工はなくなり自然になった。


拡大した部分に注目してみると一目瞭然。

ポートレートモードのまま(拡大写真)

sakura iphone x portrait mode

まだまだ苦手なところがあるということだろう。

ポートレートモード解除後↓

とても自然な写真に戻すことができた。

撮影した後にポートレートモードを解除する方法

Macで解除する場合

写真アプリで解除したい写真を選択する

右上の”編集”をクリック

ポートレートモード解除1




左下の”ポートレート”をクリック。これで解除できる。

iPhoneで解除する場合

写真のアプリで解除したい写真を選択

右上のEdit(編集)をタップ

iphoneでポートレートモード解除




PORTRAIT(ポートレート)をタップして解除

iphoneでポートレートモード解除2

まとめ

iPhoneのポートレートモードは人を撮るためのモード。

ものにも使えるが、枝のような細くて尖ったものに弱い。

ポートレートモードで色々試してみて、失敗に終わる写真もあるだろう。そんなとき失敗した写真を捨ててしまうのではなく、ポートレートモードを一度解除してみよう。

普通に使える写真に復活させられる可能性もある。

では。

関連記事:

HOME

Related Posts

   
   

Category



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017-2020