エンジニアが学んだことをお伝えします

2018-01-13 Camera, Mac/iPhone/iPad

iPhone Xのカメラの性能は想像以上。ポートレートモードはモノにも使える!

iPhone Xはカメラ機能の素晴らしさも大きな訴求ポイントの一つ。

デュアルカメラ(広角レンズと望遠レンズ)を備え、光学式手ぶれ補正機能を持ち、ポートレートモードも搭載されている。

当初iPhone Xのカメラをあまり使ってなかったのだが、ポートレートモードが思ったよりもいい感じの写真になることを今更ながら実感。

iPhoneポートレートモードのメリット

名前の通り、人物の写真を撮影するモードである。Appleによれば、

ディテールはよりシャープに、背景のぼかしはより自然に。

 

最近ポートレートレートモードの実力を知ってから子供の写真をiPhone Xで撮ることが増えた。いつも手元にあるスマートフォンで素早く起動して撮影できるメリットは大きい

子供が小さいとベストショットを撮るタイミングというのは限られる。もう一回それやって、って言っても無理なわけで。。。

デジタル一眼のクオリティはもちろん最高なのだけど、カメラ持ってきて電源入れて、F値とか明るさとか操作している間にいい感じのシーンは過ぎ去ってしまうこともある。

そんなあたなにiPhone Xのカメラはいかがでしょうか。というわけである。家族の写真は載せられないけれど、なかなか満足のいく写真がとれている。

 

ポートレートモードはモノを撮るときも使える

この写真は先日デロンギ表参道に行ってきたときにiPhone Xで撮影したもの。

手前のマシンのメイドインイタリーのマークにピントが合うようにして、奥の方はぼかして。

奥行きがあると、ポートレートモードは力を発揮する。こんな写真一昔前の携帯電話では撮れなかった。iPhone Xすげー。

 

おまけにもう一枚。

 

まとめ

描写力もなかなか。iPhone X単体の価格はとても高いけど、カメラの機能だけ考えても結構払う価値はあるのかもしれない(ちょっと言い過ぎかも)

 

デジタル一眼で撮影したものと比べればもちろん差はある。しかしスマートフォンで多くのコンテンツが消費される今、本当のそのクオリティは必要なのか?

答えはきっと人それぞれ。僕はまだ住み分けができて使い分けているので、Sony α7も現役バリバリ。

そうはいっても、10年後、一体カメラの世界はどうなってしまうのか、大変気になるところです。

2018/3/25 ポートレートモードと桜の記事を投稿しました。
iPhone Xのカメラとポートレートモードで背景をぼかした桜の写真は撮れるのか。トライしてみた


同じカテゴリーの記事

新着記事

CATEGORY


Follow @Yo_MechEngineer

© Yo 2017