エンジニアが学んだことをお伝えします

   

結局Cote&Ciel ISAR Mを手放した話。

2021-04-27    Less is More
Goodbye Cote&ciel ISAR M

これまで幾度となく手放すことを考えては手元に残す判断をしてきた。

面白いもので、過去に2度このバッグについて記事を書いているが、どちらも「売ろうか考えたけど」とある。それでも手放すことなく。なんだかんだで6年間お世話になり、いろんなところに行ったリュック。

オーストラリア、ベトナム、日本、韓国とドイツも確か。台風の中この鞄を背負って歩いたこともあった。かっこよくてタフで容量が入る、背負うとそれほど重さを感じない不思議な鞄(でも物理的には重い)。

しかしいかんせん日本では使用頻度が上がらなかった。通勤に使うにはカジュアル感があり、少ない荷物の時に使うには鞄単品が重さがやはり気になる、「旅行や出張など荷物が多いとき」くらいで活躍といったところ。

COVID-19の影響でそもそも遠出する機会がなくなったのも家に置いておく時間が増えた要因。

重くなくて通勤でも使えて容量がそこそこ入る、PORTERの3WAY BRIEFCASEを発見し購入したので、いよいよお別れすることにした。

PORTER 3way brier case FLASH

記事:PORTER FLASH 3WAY BRIEFCASEを購入。初回レビュー。(2021.4.18)

このCote&Cielは海外に住んでたとき、一時帰国した際に発見して買ったリュック。以前から存在は知っていて、街を歩いてる際に実物を見つけてその場で買った。

背中側の空間はしっかりとクッションが効いた構造になっていて、安心してMacBook ProやiPadを入れられる。

MacBook Pro 13 in cote&ciel ISAR M

背中側のクッションもしっかりしている。肩ストラップも肉厚で安定感抜群。

Cote&Ciel ISAR M 後ろから

重いけど背負い心地がいい、そんな感じ。

メイン空間は洋服などを突っ込める。カメラなどもここに入る。

ガバっと開けたところ cote&ciel ISAR M

間違いなくいい鞄だと思うけど、ちょっと日常に使うにはゴツくて重い、特に体の小さな僕には。6年間使ってみて、それが最後まで気になってしまった。

先日、ついに買い取りに出した。誰かに使ってもらえればと思って。

最近さらに身軽になりたい気持ちが強くてどんどんモノを手放している。

本当に必要なモノは何か?その問いを繰り返し続け、持ち物を洗練させていく。こうやって記録に残しながら、思考を整理しつつ。

最後に繰り返しにはなるけれど、このリュックはいい鞄だと思います。たまたま合わないと感じるに至っただけ。6年間、ありがとうございました。

誰かのもとでの活躍を祈念しつつ。

同じタイミングで手放した鞄

TRIONのブリーフケース(黒)をリリース。薄い鞄を手放した理由。(2021.4.25)

HOME

Related Posts

   
   

Category



Yo
エンジニア(Mechanical)。日々の生活や読書、仕事や海外勤務等から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017-2021