エンジニアが学んだことをお伝えします

   
2019-09-15    Less is More
   

Less is More. 持ち物だけでなく、登録サービスの数も抑えよう。住所変更などの手間は時間を奪う

住所変更の手間

今年の1月に引越しをした。

引越しに伴い発生するのが事務手続き。

住所変更をさまざまなサービスに対して行う必要がある。

最近届いた1通のメール。

お客さまにご登録いただいた住所宛てに重要な書類をお送りしましたが、宛所なしという理由で返送されております。
お客さまに確実にお受け取りいただきたい大切な書類になりますので、住所変更の有無により下記いずれかのご対応をお願いいたします。

リストを作って住所変更をしていたのだけど、1社抜けていたようだ。

モノの所有やサービスの登録が増えると管理が大変

ミニマリストやSimple Life、Less is More.の大元の考え方に共通点はあって。

余計なモノを多く持っていると、場所も管理するための手間も増え、生活が煩雑になる。だからモノを減らしてシンプルに身軽に生きてはいかがでしょうか?というところだ。

目に見えるモノは取っ掛かりとして減らしやすいのだが、サービス系も多すぎるのはよくない。

ちなみに、住所変更で気にしたところリストはこちら:

軽くあげただけでも10以上対応が必要。もちろん会社での住所変更も必要だし、これだけじゃない。

このうちの1社が今回抜けてしまった。スイマセン。

実は時間を使っている、届きモノの処理

封筒

クレジットカード会社から定期的に届く書類、冊子、ユーティリティ企業から届く使用料のお知らせと振り込み用紙….

これらを捨てるのも手間だ。

楽しみに読んでいるものなら良いが、読まずに捨てているものもたくさんあるのではないだろうか?

住所などの個人情報が入っているから、そのままも捨てられない。シュレッダーにかけたり黒く塗りつぶして捨てたり…

すぐに処理しないと積み重なっていく書類たち。

解約したり、登録を変更したりして「届かなくする」ということも検討しよう。

まとめ

銀行カードやクレジットカードは長い年月で増えていたり、証券会社の口座もたくさん開設してしまったりしていると、あとあとの管理が大変になる。

管理は脳みその一部を使うし、時間も使う。
人間の判断力も時間も有限。余計なことに使うのは避けたい。

カードの解約などの手間はもちろんあるのだけれど、人生トータルで見たら使わないサービスは解約した方が手間が少なくなると思う。

これなんだっけ?となるほどのモノやサービスを持っておく必要はない。
改めて身の回りをながめてみて、余計なモノはないか考えてみてはいかがでしょうか?

身軽になれば、将来の時間を得ることにつながります。

HOME

Related Posts

   

New Posts

Category



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017