エンジニアが学んだことをお伝えします

   

撮影した写真をハガキに印刷する方法。CMYKとRGBというカラーモードに注意。

2020-11-24    Camera, Life
ハガキ

七五三で撮影した写真をハガキに印刷して親戚に送りたい。

ただ単純なことだったが、色々と学びがあった。

手軽にハガキに写真を印刷する

カメラ屋さんに持っていく必要がありそう、とか思っていたが、今の時代コンビニで簡単にできてしまう。

僕は今回セブンイレブンを使った。

コピーマシンでプリントを選び、ハガキを選択する。持ちこみのハガキもできるようだが、備え付けのものあるので大丈夫。

データをUSBメモリなりSDカードなりに入れていけば、簡単に印刷できる。

カラー印刷で一枚60円。

画質はまぁそんなによくないかなと思ったが、素晴らしいサービスだなと思った。

なお、ヨドバシカメラに行ってハガキに写真を印刷(3枚ほど)したいんですが…と伝えたら「10枚以上〜で、1週間くらいかかります…1日でできるものもありますが、それも10枚以上で….」と言われてしまい諦めた。画質にこだわるならそっちなんだろうけれど、すぐに欲しいときもあると思うのだけど。。

JPEGでもCMYKとRGBとある

「非対応のJPGファイルです」

セブンイレブンの印刷機にデータを読み込んだ際に発生したエラー。

がーん。

最初は理由がわからなかった。

ネットで調べるとそれらしい答えが。

JPEGにはCMYKとRGBというカラーモードがあって、どうやらRGBじゃないとコンビニで印刷できないらしい

そんな…

思えば、ハガキサイズに印刷した際に映えるように、iPadで写真をクロップしたのが原因な気がしてきた。元の写真はデジカメのデータなので、普通に印刷できると思ったのだが…

一度家に帰り、iPadで写真をPDF化。ついでにクロップ前のオリジナルの写真(JPEG)をUSBメモリに入れて再度セブンイレブンへ。

結果、どちらも印刷可能なファイルとして読み込まれ、無事ハガキに印刷することができた。

カラーモード

RGBはRed、Green、Blueの光の三原色。ディスプレイで使う発色方式で、CMYKはCyan、Magenta、Yellow、Blackの印刷物に使われる方式らしい。

データの受け渡しの際に、どっちかであることが重要なこともある、と。

そしてRGBとCMYKで表現できる色に違いがあるということも知った。
これは勉強になった。

というか、これまで写真をずっと撮ってきたのにこんなことも知らなかった。。。

Leica Q2の写真をipadでクロップする方法

ここからは推測だが、iPadでRGBモードのJPEG写真をクロップする際にCMYKに変換されているのではないだろうか?

そういえば色味が変わってしまうこともある。「劣化しているのかな」と思っていたのだけど色のモードが変わっているのでは?と思うと納得感がある。わからないけど。

あまり調べても出てこない。なぜそうする理由があるのかもわからない。

でも一つ確かなことは、iPadでクロップ前のJPEG写真はセブンイレブンのコピー機で印刷できて、クロップ加工したJPEG写真は印刷できなかったということ。

僕のようなケースは珍しいかもしれないけれど、皆様何卒ご注意くださいませ。

HOME

Related Posts

   
   

Category



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017-2021