エンジニアが学んだことをお伝えします

   

「green bean to bar CHOCOLATE 世界で一番おいしいチョコレートの作り方」高城剛さんの本から受けた衝撃。

2020-03-08    Book
Green bean to bar 世界で一番おいしいチョコレートの作り方

自分にとってインパクトのある一冊だった。

高城剛さんの「green bean to bar CHOCOLATE 世界で一番おいしいチョコレートの作り方 (NEXTRAVELER BOOKS)」。

テーマはカカオとチョコレート。

しかし衝撃を受けたのはそのストーリーテリングの手法。

引き込まれる写真。

様々なバックグラウンドと想いを持つ登場人物。

そこにストーリーがある。

伝わってくるものがある。

もちろんbean to bar CHOCOLATEのチョコを食べたくなったのは言うまでもない。

似たようなものをつくれと言われても到底できる気がしない。一日で読み終えてしまったが、いろいろ考えさせられた。こういう書籍は他にもきっとあるだろう、本屋で探してみたくなった。

本書がオススメの方

どういう方にこの本をオススメしたらいいのか、表現が難しい。あえて書くなら…

Kindleなら千数百円で購入できるので体験してみてはいかがだろうか。

なお、iPad Pro11インチで読んだ感想としては、写真は十分に迫力を感じるが、文字は拡大しないと読めないな、ということ。iPhoneでは小さすぎる。

iPad Pro 11インチでみるGreen bean to bar chocolate

もっと大きなデバイスで読むか、やっぱり大きな紙の本で読んだ方がいいんだろうなーという印象。ただ、紙の本の方がお値段がそれなりだったような。

「green bean to bar CHOCOLATE 世界で一番おいしいチョコレートの作り方」を読んで

時代を先取る人たちは、何年も前から先を走っているもの。

一般の人たちにそのブームが伝わるのはしばらく先。

次はチョコレートブームが来る。

この本を読んでそう思った。

カフェの隣に、素敵なチョコレートのお店が並ぶ。そういう風景がたくさん見れる日がくるかもしれない。

カカオは体にいいという話もあるから、勢いに乗る可能性もある。

もしかしたらカフェチェーン店がチョコレートにより力を入れるかもしれない。

僕はコーヒーにこだわりがある方だけど、チョコレートにものめり込みたいな、そう思えた一冊。

We’re cacao lovers!

トークショー「ふたつの植物」とのつながり

高城剛さんのgreen bean to bar

この本は高城剛さんの過去のトークショーの内容につながっている。

そのときのテーマは「ふたつの植物」。

発信の仕方について、高城剛さんが伝えたかったこと。その一部はこの書籍に形として現れていると思う。

クリエイターとしての活動にこれからも目が離せない。

HOME

Related Posts

   
   

Category



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017-2020