エンジニアが学んだことをお伝えします

   

マフラーはシンプルで合わせやすいグレーが主力。無印のマフラーを購入。

2019-11-12    Fashion
無印 マフラー グレー

長年使っていたマフラーがそろそろ替え時だったので、新しいものを購入。

選んだのは無印のグレーのマフラー。

今日はこれを選んだ理由を言葉にしてみたい。

テーマは、マフラーを1つだけ選ぶならどれにする?です。

選ぶ際に何を考えるか

ぼくはLess is More.という言葉が好きで、可能な限り持ち物は減らしたいと思っている。

けれども、お洒落は楽しみたい。

矛盾するように聞こえるかもしれない。

でも僕はこうしている。「シンプルで・合わせやすいアイテムを揃えることによって、自分がお気に入りの服装をして自分なりにオシャレを楽しむ」。

自分に合うものを選んで大切に使う、そういうファッションの楽しみ方をしている。アイテム数が少なくても楽しめる。

何に合わせるか?を考える

小物系を買う際に考えるべきかといえば、いつも着るメインの服について、だ。

例えば、ぼくはいつもジーンズをはく。これはデニムの色落ちを楽しむため。

フルカウント1108の左バックポケットを2019に撮影

トップスには黒のテーラードジャケットやPコートを着ることが多い。

ベスト 白カットソー テーラードジャケット

通勤時に着るスーツは黒やダークグレー。

ということで全体的に色が重くなりがち。

黒系で統一してもよいのだが、全体バランスを見てマフラーの色は「グレー」にした。

品質

マフラーの質はなかなか語りにくいが、シンプルゆえ、手ざわりの感触だったり質感で選ぶとよいと思う。首に直接巻くものなので、実際にさわってみて気に入ったものを買おう。

ユニクロや無印などの商品なら、それなりの値段で品質も悪くないので失敗しにくい。

無印マフラータグ

定番商品の定番カラーを選ぶなら、ユニクロや無印にしておけば後悔することは少ない。もっともっとこだわった何かを見つけたら後で買い替えたっていい。
今回僕が買ったマフラーは無印で1,990円。金銭的なダメージも大きくない。

秋冬はオシャレの季節

無印マフラー 全体

首元にマフラーやストールを巻くだけでオシャレ感がアップしたりする。
ただし、あまりアイテムを足しすぎるとうるさくなってしまうので、気をつけよう。

グレーのシンプルなマフラーはオンオフどちらも活躍可能な万能アイテム。
マフラーを1つだけ選ぶなら?というテーマで考え、今年メインで使うグレーマフラーを購入した。

新しい相棒と共に秋冬を楽しみたい。

関連記事

2020/1/16追記

11,12,1月と3ヶ月使用して、毛玉が気になるようになってきた。

無印マフラー 毛玉

写真ではなかなか伝えにくいのだが、使っていて気になる程度。もう少し様子を見ていきたいと思う。

2020/3まで使ってみて、毛玉がやはり多いので1シーズン限りの使用となりそう。2020に販売されていたこのマフラーは長く使うことはできないのかなという印象。

HOME

Related Posts

   
   

Category



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017-2020