エンジニアが学んだことをお伝えします

2018-05-29 Music

気持ちが沈んでいるときに聴くアルバム。Mr.Childrenの『深海』。海底まで潜り、上を見上げる

最近また、Mr.Childrenのアルバム「深海」をリピートしている。

1996年にリリースされたこのアルバムは、僕にとって、気持ちの沈んだときに聴く定番の1枚となっている。

 

イントロの曲タイトルは”Dive”。

泳いでいるところからドポンと海に入潜り海底へ向かう。

 

静寂の中から始まるアコースティックギターの音。

続く重厚感のあるエレキギター。

2曲目の「シーラカンス」は海底近くで静かに聴いている気分になる。

そんな始まり方をするMr.Childrenのアルバム「深海」は全体的にダークな印象。

全体的に音は渇いていて重低音が響く。

ギター、ベース、ドラム、桜井さんの声。

キラキラした感じはなく、重たい「音」が耳にささってくる感じ。

 

アルバム1枚は1つの物語となっていて、楽曲同士もシームレスにつながっていく。

(本当に曲と曲の間がなくつながって聞こえる)

 

それぞれの曲は音だけでなく内容的にもつながっている。

例えば3曲目の「手紙」。この曲が物語の終わりを描写していて、そこに至った経緯が後ろの曲で歌われていく。

映画に例えるなら、最初の方に意味ありげなシーンを見せて、その詳細と経緯を追いかけていきながら物語を追う感じだろうか。

男女の物語がメインとなっていて、どこか救いのない、やりきれなさを持ったまま話がつながっていく。

 

一方で、全ての曲が暗い感じでもなく、前半に「Mirror」のような優しい曲調もある。

僕はこの曲が好きで、特にシフクノオトツアーで披露された田原さんの鉄琴、桜井さんの優しい歌い方がステキで気に入っている。

中盤以降の「名もなき詩」や「花 -Memento-Mori-」もアルバムの中でしっかりと役割を果たしていて、シングル曲もこのアルバムを構成する重要なピースとなっている。

深海発売前には「tomorrow never knows」や「everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」 「【es】 〜Theme of es〜」、「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」などのヒット曲もあったが、それらは「深海」ではなく後に発売される「BOLERO」に収録されている。

アルバム「深海」にはそぐわなかったのだろう。

1枚のアルバムとしての作品、ここにこだわっていたことが見受けられる。とにかく流れで聴いていると心が吸い込まれていく。そんな1枚だ。

 

最後の曲は「深海」。

最後に来て沈んだままの心。最後に来てこの歌詞が出てくる。

失くす物など何もない
とは言え我が身は可愛くて
空虚な樹海を彷徨うから
今じゃ死に行くことにさえ憧れるのさ

相当に追い詰められている。

連れてってくれないか 連れ戻してくれないか
僕を 僕も

潜った深海から自ら浮き上がることはない。

連れてってくれないか。

桜井さんの叫び。

そしてギターの叫びも乾いた感じで鳴り響く。

最後僕は海からはい上がりきっていないと解釈している。

再び海の底へ。

そんな風に僕は聴いている。

だからまた、最初のDiveに戻ってもう一周したくなる。

そんなアルバム。

 

僕は心が沈みきっているときにこのアルバムを聴く。

エンドレスループ。

通勤中に聞き、目を閉じて深海へ潜る。

心がやさぐれているとき、徹底的に沈む。

深海にたどり着いたら、上を見上げる。

そこで初めて上向きの姿勢になる。

 

今までに深海には何度もお世話になってきた。

沈む時は徹底的に沈む。そうやって心をコントロールしていて、Mr.Childrenの「深海」はいつもその手助けをしてくれるアルバム。

 

Mr.Childrenは幅広い楽曲を世に送り出しているが、ダークな1枚もあることをみなさんにご紹介したいと思い記事にしました。

ロックな1枚。気持ちが沈んでいるときに聴くとガツンと来るかもしれません。

深海 @Amazon

 

関連記事

HOME

RELATED POST

   

NEW POSTS

CATEGORY



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017