エンジニアが学んだことをシェアします

2017-11-30 Mac/iPhone/iPad

iPhone Xの画面保護フィルムと本体ケース両方を買い換えることになった話

きっかけは画面保護フィルムが端から剥がれ始めたことだった。

使っているうちに剥がれてきてしまうトラブルがあったので、新しいものを買うこととした。

剥がれてしまう原因が製品によるものか僕の貼り方が悪いからなのかは判らない。

写真にあるように、右上のフィルムが剥がれてしまい、直しても剥がれるを繰り返すようになってしまった。

新しいのにしようかなと調べていたところ、全面式(フルカバー)という保護フィルムがあることを知ったので、これを機に変更を決意。

iPhone 6も今回iPhone Xで最初に使ったものも画面部分のみをカバーするもので、曲面部まではカバーされていなかった。このようなフィルムは、フィルムと画面との境界にホコリがたまりがち。フルカバーはその点なかなか良さそうである。

(上写真:変更前、 下写真:フルカバーのものに変更後)

 

第2の悲劇

新しいフィルムは全面式で、念のため貼り付けにあたって一度ケースをiPhone Xから外した。

なかなか硬くて弾性変形の範囲が狭そうなケースではあった。

 

外した後すぐには気付かなかった。

iPhoneに再度取り付けた後に気がついた。

 

ピシっ。。

割れている。。。!

しかも

もう一箇所も。

わかるだろうか、カメラ付近のいかにも割れやすそうな箇所がパキッといってしまっている。

買ったばっかりだったのに。

外し方が悪かったのか….上手く外れなくて、何回かトライしたときに割れたっぽい。

 

でもiPhoneからカバーを外すことってそれなりにあると思う。

例えば海外に行ってSIMカード入れ替える時とか。ホコリがたまったから掃除したいときとか。

だから割れることなく外せるように設計するのはMUSTな要求事項である。と僕は思う。いや強く主張したい。

メーカーはきっと実用テストを販売前に行っていると信じているのだけど。。。

割れたのは僕だけかと思ったけど、Amazonレビューを見ると他にも割れている人がいるらしい。

外し方が悪かったと言われればそれまでなのかもしれないけど、そうだとしたら自分にがっかりであり、いずれにせよ”がっかり”であることに変わりはない。

がっかり。

 

おわりに

二度と同じような思いはしたくないので、多少高くてもApple純正の革カバーにすることにした。

僕は二度と安易に使ったことがないメーカーのケースを買うことはないだろう。

結果的に高くつくことを学んだ。これが今回の教訓。

 

仮にメーカーの取扱説明書に外し方が書いてあったとしても、僕はそれに気づかない愚か者。

そんな人にも使える優しいモノを自分で選定ないといけないことに気がついた。

 

今回僕が使ってみて、残念ながら別のモノに変えることになってしまった製品の写真だけ載せておきます。僕と僕のiPhone Xには残念ながら相性が悪かったようですm(__)m

フルカバーのフィルムと、新しく購入したApple純正ケースについてはまた別途記事にまとめます。

実は買い直してとても満足するものに出会えたので、そんな出会いを与えてくれた今回の件についてはポジティブに捉えています。人生前向きに捉えたほうが楽しいものです!

 

画面フルカバーフィルムとApple純正ケースについてまとめた記事はこちら:iPhone X 純正レザーケース(RED)と画面フルカバーフィルムの組合せが見とれるほど美しい


プライバシーポリシー
©2017- Yo エンジニアが学んだことをシェアします