エンジニアが学んだことをお伝えするブログ

ニコン モナーク M7 8×42 (Nikon Monarch)

双眼鏡を買った理由、Nikon Monarch M7 8×42を選んだ経緯。

2022-11-27Goods

きっかけはIchiro Photographyさんの記事

ライカのカメラに憧れた頃からお世話になっているウェブサイト。

最近は星を見るための機材や情熱あふれる記事が多め。そこの熱が移ってしまった。。。

ロマンあふれる宇宙に想いを馳せる。星を見たい。子どもにも美しい星空を見せてあげたい。

その記事ではライカの双眼鏡について語られていたが、いきなりライカに行くのはやばい。

そこで日本メーカーであり信頼のおけるニコンさんの双眼鏡から選ぼうと考えた。

多様なモデル

本当に星を見るならゴツい望遠鏡もあるが、持ち運べないと使わない可能性が高くなるだろうし、いきなり本格的なものに手を出すのはまだ早い。よってまずは双眼鏡から入ろう、という思考。

しかし双眼鏡を調べるとわかるのだが、こちらもまた非常に幅が広い。

倍率や明るさ、グレード、いわゆるピンキリで数千円から数十万円のレベルまで。

できるだけ万能に使えること、星空観察に向いていること、持ち運びがしやすいことをポイントに探した。

あまり倍率が高すぎると狭すぎたりブレが気になったりするらしい、とか暗すぎると星空鑑賞には向かないのかな、とか素人ながらに調査。

そこで選んだのがニコンのモナークM7 8×42。

8が倍率、42が口径。これがどのくらい大きく見えるか、明るく見えるか、の指標となる。以下の理由からこのモデルを購入。

これ以上明るい双眼鏡を求めれば重くなるし、高くなるし、まずはこの辺りから始めてみよう、、と。お値段高めではあるが、せっかく取り組むなら一定レベルのクオリティのモノにはしたい、また、挫折したときでもこの双眼鏡なら他の用途(コンサートとか)でも使えるだろうということも考えた。

他モデルも一応調べると

ニコン8×42で探してもモデルがたくさんある。

これは8×42付近で探してるだけで、他にも倍率や口径を変えればたくさんモデルがある。

ニコン ウェブサイト 抜粋
Nikon websiteより抜粋

一つメーカーでこれなので、メーカーを広げて探すと….沼だなと思った。カメラとレンズで沼にハマったが光学系の仲間双眼鏡にもこんな沼が広がっているとは知らなかった。

Nikon Monarch M7 8×42

届いた双眼鏡について。

箱。

ニコン モナーク M7 8×42 (Nikon Monarch) 箱

取り出すと、ケースとストラップ。

ニコン モナーク M7 8×42 (Nikon Monarch)

この他に取扱説明書が入っている。レンズキャップはどちらの面にも取り付けられている。

使うときはこんな形になるのだろうか。ストラップは首からかけるイメージなのか、肩掛けにはちょっと短そう。

ニコン モナーク M7 8×42 (Nikon Monarch) ストラップ取り付け

持ち運ぶときはこんなイメージなのかな。

ニコン モナーク M7 8×42 (Nikon Monarch)

おわりに

ニコン モナーク M7 8×42 (Nikon Monarch)

さて、こういうモノを手に入れると、早速星を見に行きたくなるもの。それこそが目的で、旅に出る理由になる。早速計画しよう。

届いた際に月を見ようとして空を探したら見つからず。新月だった。満月が来るのが楽しみ。

この双眼鏡を使っての感想はまだ書けないので、しばらく使ってみてまた記事を書きたい。心からおすすめできるかは現時点でわからないので、Amazonとか楽天のリンクはまだ貼りません。

HOME

Related Posts

Category



Yo
エンジニア(Mechanical)。日々の生活や読書、仕事などから学んだことをまとめます。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017-2023