エンジニアが学んだことをお伝えするブログ

   

金子眼鏡店にて井戸多美男作のT-416 ASTを購入。写真多めでレビューを。KC-35とも比較。

2021-05-23    Fashion, Goods
金子眼鏡店 T-416 ATS アンティークシルバー

自分の顔に合うメガネは何か。

ときとともに好みも変わる。

今はコンパクトで目立ちにくい、それでいてクールなメガネがほしい。そういう視点で眼鏡を探し出会ったのが井戸多美男作のT-416 ATSというモデル。

とにかくシンプルで単品でみてもかっこいい。メタルフレームで渋いシルバー。落ち着きがあって、それでいてシャープ。

金子眼鏡店 T-416 ATS アンティークシルバー

大変美しいメガネなので、写真も交えながら紹介したい。

開封

それではまずは開封しよう。非常にこだわった梱包になっている。

木箱に入っためがね。

金子眼鏡店 T-416 ATS アンティークシルバー 箱

木箱を開けると…

金子眼鏡店 T-416 ATS アンティークシルバー 開封

眼鏡ケースも美しい。

金子眼鏡店 T-416 ATS アンティークシルバー 箱

なお、眼鏡ケースは眼鏡が入る形状のうちいくつかある素材の中から好みで選ぶ。

金子眼鏡店 T-416 ATS アンティークシルバー

こちらがT-416 ATS。

T-416 ATS 外観レビュー

金子眼鏡店 T-416 ATS アンティークシルバー

ATSはアンティークシルバーという色。キラキラしてないんだけど、黒とは違った雰囲気で渋い。年齢を重ねてからの方が似合うかなぁなんて印象。

部屋で撮った写真は暗めの仕上がりになってるが、陽の光に当たった雰囲気は以下の写真の通り。

T-416 ATS太陽の光を浴びて

明るいところでみるとシルバーも明るめに見える。鼻の部分で谷になってるところは磨きの工具が入らない?とのことで色の仕上げが少し違う。色が濃いめになってるのがわかるだろうか。

それでは何枚か写真を載せていこう。

金子眼鏡店 T-416 ATS アンティークシルバー 一山
見にくいが、井戸多美男作とT416 ATSと彫られている
金子眼鏡店 T-416 ATS アンティークシルバー

このメガネは、素材にサンプラチナを使った贅沢で最高な逸品と言われている。

鼻の部分は鼻の横にパッドが当たる仕様ではなく、ブリッジそのものが鼻に乗る「一山(いちやま)」と呼ばれる仕様。メタル部分にはシリコンが塗ってあって、メタルが直接鼻に接しないようになっている。

金子眼鏡店 T-416 ATS アンティークシルバー

こちらは素材が素材なので劣化するらしいが、その際は張り替えも可能とのこと。

金子眼鏡店 T-416 ATS アンティークシルバー 上から

シリコンの厚さで若干の高さ調整が可能とも聞いた。

金子眼鏡店 T-416 ATS アンティークシルバー

ノーズパッドがなく、大変シンプルで美しい。単品で見ても見惚れる感じ。

ちなみに耳に直接当たる部分にもシリコンが塗ってある。

KC-35とT-416の比較

今使っているのはKC-35(セルロイド眼鏡)。こちらは2年半前に購入したもの(過去記事)。比較の写真を何枚か:

金子眼鏡店 TC-35(左)とT-416(右)
左がKC-35、右がT-416

T-416はKC-35と比べて一回り小さい。

金子眼鏡店 TC-35(左)とT-416(右)

上から見てもサイズ感の違いがわかる。

金子眼鏡店 TC-35(左)とT-416(右)

眼鏡のフレーム部分の厚さの違い。T-416(右)はかなり細め。僕は目が悪いのでレンズが厚めなのかフレームからレンズがはみ出る。薄めのレンズを選んだが、正解だった。

おわりに

少し雰囲気の違うメガネが欲しくて。シルバーの眼鏡を手に入れた。

顔に身につけるアイテムだけに、自分の印象を大きく変えるアイテム。妥協せずこだわりの一品を手に入れるため、色々と調べて井戸多美男作のTS-416 ATSにたどり着いた。

僕が現状持っているものと色も素材も違う。気分によって使い分けていきたいと思う。長く愛用していきたい。

(2021.7.23追記)早速使っている。気に入ってるが、長時間かけてると耳にかかるところが痛い。コンパクトゆえ横幅が狭く顔へのあたりがきついからと思われる。慣れるものなのか様子を見ているが、ある程度は慣れてきたかなというところ。今はシルバーとブラックとを1:1くらいの割合で使用している。

HOME

Related Posts

   
   

Category



Yo
エンジニア(Mechanical)。日々の生活や読書、仕事や海外勤務等から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017-2021