エンジニアが学んだことをお伝えします

   
2019-10-03    Travel
   

リゾナーレ八ヶ岳宿泊記。2歳の子供と二泊三日を過ごした旅程と感想【星野リゾート】

リゾナーレ八ヶ岳 二泊三日 星野リゾート

少し遅れてとった夏休みにどこに行くか考えた。

海外もいいけれど、2歳の子供が楽しめるところがいい。そう考えたときに、国内の星野リゾートが人気であることを思い出した。リゾナーレ八ヶ岳は子連れにとても評判が良くて、「子供がちっちゃいうちに行ってみよう!」ということで行き先を決定。

二泊三日で家族3人でどのように過ごしたのか、リゾナーレ八ヶ岳はどんな場所なのか、参考にしてもらえればと思い、旅行記を残します。

旅程、スケジュール

二泊三日のスケジュールを簡単にまとめると以下の通り。

初日

二日目

三日目

それでは詳細を写真を使いながら紹介していきます。

初日

我が家は車を持っていないので、電車でのアクセス。リゾナーレ八ヶ岳にはホテルが運用する無料バスが運行しているので、それを使った。時刻表は公式ウェブサイトのアクセスのページにある。だいたい1時間に1本〜2本程度の運行。

おとずれた時期は「秋の八ヶ岳マルシェ」というイベントが開催中で、ピーマン通りに出店がでていた。

ピーマン通り リゾナーレ八ヶ岳

季節によっていろんなイベントが企画されているようなので、訪れる前に必ずリゾナーレ八ヶ岳の公式サイトをチェックしておこう。

せっかくなので、おいしそうなグレープを購入して、滞在中に美味しくいただいた。

リゾナーレ八ヶ岳 マルシェ

ピーマン通り沿にはいくつか食事処がならんでいる。昼食はそのなかからその場で選ぶことにした。どんなレストランがあるかは公式サイトのレストランのページにまとまっているので、事前にながめておくとよいかも。

丸山珈琲

チェックインの3時まで、丸山珈琲で休憩。ここはこだわりのコーヒーを提供してくれるお店。外席もある。

リゾナーレ八ヶ岳 丸山珈琲

入り口にはコーヒー豆が敷き詰められたところにメニューがおいてあったりと、色々こだわりを感じる場所だった。

丸山珈琲 入口 コーヒー豆

いただいたカフェラテも美味でした。

丸山珈琲 八ヶ岳

ただし、お値段はなかなか張りマス。

なお、時間帯によっては試飲できる3種類のコーヒーがあったりするので、コーヒー好きな人は色々と楽しめるかと思います。

試飲 丸山珈琲

プール

イルマーレ(il mare)は大型の室内プール。

リゾナーレ八ヶ岳のプール

小さい子供用のエリアもあるし、メインのプール自体も海のように浅いところから奥に行くにつれて深くなる構造なので、手前で遊ぶこともできる。

ボールやボートなども現地で借りれる(有料)ので、いろんな楽しみ方もできる。

子供も楽しんでくれたみたいで、毎日遊びに行った。宿泊プランの中で何度でも使うことができたのはありがたかった。

夕食

夕食はピーマン通り沿のレストランにて。

リゾナーレ八ヶ岳 スペイン料理

各種レストランは朝から夜までオープンしているわけではなく、OPEN時間が決まっているので、事前によく調べておこう。

二日目

二日目の朝食は「ぱん・パ・パン」というお店にて。

パン リゾナーレ八ヶ岳

OPENが8:30だったので、朝のうちに外出の準備をしてから訪れた。

パンはどれも美味しくて、クロワッサンが特においしかった。

店内にも店外にも席があるものの、ここで食事をする際には大人1人1つドリンクの注文が必要とのことなので、気を付けよう。

リゾナーレ八ヶ岳

なお、Y Y Grillのビュッフェを朝食か昼食で楽しめる宿泊プランだったが、朝はパンにして昼にビュッフェを楽しもうと考えたため、ここで朝食をとることにした。

散歩

ピーマン通りから一本となりはすぐにアクティビティを楽しむエリアが設けられている。

子供が2歳くらいだと、まだ空中散歩のようなアクティビティは楽しめないけど、散歩をしながらどんぐりを拾ったり、朝の空気を楽しんだ。

どんぐり リゾナーレ八ヶ岳

本館?の方に八ヶ岳アクティビティセンターがあり、各種の申し込みができる。

リゾナーレ八ヶ岳でのアクティビティ

アクティビティ リゾナーレ八ヶ岳

ここで自転車を借りることが可能。

小さい子がそのバイクで回ることができるエリアがあるので、移動(徒歩3-5分くらい)。

子供用バイク リゾナーレ八ヶ岳

一通り動いた後、二日目もプールを楽しむ。

その後はY Y Grillで食事。料理の種類もあって2歳の子供が食べられる食べ物があって助かりました。

マルサマルシェ クッキングスタジオ

マルサマルシェ リゾナーレ八ヶ岳

フルーツパフェ作りを楽しめるMARUSA MARCHE(マルサマルシェ)クッキングスタジオ。

フルーツが大好きな娘も喜ぶだろう、と訪れた。事前にWebで申込もうとしたら、前日の16:00までの登録になっていたので、早めに予定に組み込んでおくといいと思う。

実際に訪れると何種類かメニューがあって(タルト、パフェ、etc.)、当日そのなかから一つ選ぶ。

タルト造り ピーマン通り リゾナーレ

ウェブでの申込みでは大人2人分で頼んだのだけど、タルト作りだと上の写真で大人1人分とのことで、当日1人分に変更させていただいた(同伴者はドリンク一杯か1人いくらか追加料金がかかる)。

必要な材料は用意されていて、フルーツは透明なカップ1杯分をとって、盛り付けていく。

タルト造り リゾナーレ八ヶ岳

わが子は盛り付けよりもフルーツを食べたくてしょうがなかったようだけど、しっかりタルトづくりを完遂して家族で美味しくいただきました。

食べきれない分は部屋にも持ち帰れることができる。

ちなみに料金は大人1人で1980円、同伴者が大人1人+で500円程度。2歳の子供と夫婦でとても楽しめたので、とてもよかった。

二日目の夕食

夕食で一つ失敗したのは、予約をとっていなかったこと。初日と違うレストランに入ろうとしたら、予約でいっぱいで1時間くらい待つとのことだった。

他を探した結果、初日に入ったお店が空いていたのと料理は美味しかったのもあって二日連続で同じお店にお世話になった。

リゾナーレ八ヶ岳の周囲にはお店はないので、レストランの選択肢は少ない。できるだけ事前に決めておいて予約する方がよいと思う。

もくもく湯

もくもく湯 リゾナーレ八ヶ岳

大浴場は各部屋から少し離れた場所にある。

歩いて3〜5分くらいの場所に円形の建物が並ぶ。

中はとても綺麗で、すごく快適だった。タオルやアメニティも充実していて、着替えくらいしか持っていかず。

残念ながら、ルール上オムツの取れていない子供は入浴できないとのことだった。

温泉ではないとのことだけど、開放感もあってなかなかいいところなので宿泊する際はぜひ活用しよう。

三日目

朝食をY Y grillでとり、3日目もプールへ。

しっかり遊んだ後はお土産を購入し、片付けをしてチェックアウト。

昼食をレストランでとって帰路に着いた。最後までスタッフの方々の対応は丁寧でステキな場所でした。

宿泊した部屋

リゾナーレ八ヶ岳 部屋 様子

宿泊した部屋タイプは「レジデンスファミリー」。

ピーマン通り沿にある建物の2階にある部屋。

リゾナーレ八ヶ岳 部屋

部屋は非常に広くて開放的、ゆったりと過ごすことができた。

リゾナーレ八ヶ岳 レジデンスファミリー 部屋

ベッドガードもつけていただき安心。

リゾナーレ八ヶ岳 ベッドガード

収納もたくさんあって、部屋は綺麗で、なにもいうことはありません!という感じだった。

宿へのアクセス

電車で移動する場合、小淵沢駅からリゾナーレ八ヶ岳のバスが定期的に運行しているので、アクセスは比較的容易。

チェックイン後、チェックアウトのタイミング双方で、大きな荷物は部屋まで(もしくはフロントまで)運んでくれる。星野リゾートさすがのサービスだった。

訪れての感想

リゾナーレ八ヶ岳 二泊三日 星野リゾート

訪れて思ったのは、小さなお子さんをお連れの方がたくさんいたということ。

2歳未満のお子さんもたくさんみかけた。アクティビティによっては90cm以上の身長からのものもあったり、制限されるところもあるけれど、他にも色々と楽しめる場所が用意されていて、さすが星野リゾートだなと。

我が家もとても楽しませていただきました。

ただ一つ、語らざるを得ないのは、お金はかかるということ。レストランの料理や飲み物、コーヒーなど、物価指数が1.5倍くらいの感覚だった(もちろん一概には言えないが、感覚的にということで)。

それでも多くの方が利用するのはしっかりとしたサービスクオリティを提供してくれているからだと思う。

同じ場所をまた訪れるかというと僕はなんとも言えないけど、星野リゾートの運営する他の宿にも泊まってみたいかな、そんな風に思いました。

HOME

Related Posts

   

New Posts

Category



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017