エンジニアが学んだことをお伝えします

   
2019-06-16    Camera
   

明月院の紫陽花が見頃。なかなかの混雑具合だけど、紫陽花と太陽光の美しいコラボレーションを楽めました

明月院 アイキャッチ画像 紫陽花

北鎌倉駅から徒歩10分程の場所にある明月院は紫陽花で有名。

6月頃になると多くの人が訪れる。

今日は非常に天気もよく紫陽花も見頃のタイミングだったため、明月院まで足を伸ばしてみた。

今回はSony α7 + 55mmの単焦点レンズ:Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZAで撮影した写真を中心に、明月院の紫陽花の様子をお伝えします。

合わせて混雑具合もレポートいたします。

どのくらいの混雑具合か

13:00に北鎌倉駅に到着し、明月院に入れたのは13:30頃。通常徒歩10分程度とのことなので、20分くらいは待つイメージ。

まず北鎌倉駅を降りるところで少しつまづく。駅のホームが狭いため、なかなか前に進まない。

駅を降りたら線路沿いを歩いていく。

明月院 最後尾 行列

明月院に入るための行列は線路沿いの歩道付近までできていて、行列の最後尾には看板を持ったスタッフの方がいた。

数年前にも来たことがあるけどこんなに混んでた記憶はないなぁ。。。

明月院に入るまで

鎌倉明月院 入り口の行列

明月院に入るまでの行列はなかなか長かったけど、徐々に進んでいくのであまりストレスは感じなかった。

むしろ途中で出会う美しいシーンを写真に収めようとすると、時間が足りないくらい。

明月院への道 紫陽花

小川が流れていたり、雰囲気のあるお店が並んでいたり、なかなか綺麗な場所。

明月院に入った後

どのくらい人で溢れているか、何枚か写真でおつたえしたい。

明月院 敷地内での行列

入ってすぐに人の列。

紫陽花とあじさいの間に人、人、、

紫陽花 明月院 混雑具合

みなさん紫陽花と写真を撮るので、ちょこちょこ止まるため、人の流れはスムースでない。

ゆっくり花をながめる、というのはちょっと難しいのかな、というところだった。さらに観光客が増えるとどうなっちゃうのかな、と。

明月院 紫陽花 混雑具合

美しいブルーの紫陽花と差し込む光

それではここからは紫陽花にフォーカスした写真を中心に。

明月院 紫陽花 光1

やっぱりなにかを撮るなら太陽の光とともに撮影するのがいい。

表情ゆたかになるし、鮮やかな写真になる。

最近は電子デバイスで写真を見てもらうことの方がほとんど。光の重要度は増している気がする。

ここからは説明を省き、撮影した写真を紹介したい。

水と紫陽花 明月院

水と光と紫陽花 鎌倉の明月院

明月院 鎌倉 紫陽花 光

紫陽花 見頃 明月院

おわりに

季節の花は限られた期間にしか楽しめないからこそ、より輝いて見える。

四季のある日本の素晴らしさを感じながらの散歩はいいですね。

あじさい関連の記事

HOME

Related Posts

   

New Posts

Category



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017-2019