エンジニアが学んだことをお伝えします

2018-12-03 Fashion, Less is More

少ないモノで生活すると、一つ一つのモノへのケアは手厚くなる。自然と丁寧に使うことになり長持ちする

先日、革靴のヒールを交換してきた。

革靴のカカトの部分はだいたい二層構造になっている。僕は、地面に接する一層目のゴムの部分がすり減ってきたら交換するようにしている。

毎回3,000円弱。

革靴の表面はクリームも塗りつつ、ソールもケア。

こまめにメンテをしてあげることによって、長く履くことができる。

毎回新規の革靴を買うよりも、トータルで見たらよっぽど安いので、ぜひメンテナンスを定期的に入れることをおすすめしたい。

leathershoescream

 

通勤中にビジネスパーソンの靴をながめると、靴底がすり減ったままのシューズを履いている人を多く見かける。

クリームも塗られていないのが見てわかるほど劣化していたり。。

 

皆さん、靴をひたすら履きつぶしては新しい靴を買っているのか?

メンテをする時間がないのか?

理由はわからない。

 

ファッションを楽しむなら、いい革靴を何足か揃えてそれらを丁寧に履き続けることをお勧めしたい。

愛用しているうちにいい雰囲気が出てきて深みを与えてくれる。

オシャレは足元から。

 

今日の記事タイトルにも書いたけど、少ないモノで生活すると、一つ一つのモノへのケアは手厚くしやすい。

自然と丁寧に使い、長持ちする。

あまりにも多くのモノを所有していたら管理が行き届きにくく、場合によってはほとんど使わないモノすら出てきてしまう。

 

モノは使ってこそ、その機能を活かしてこそ輝く。

 

Less is More.の心持ちでモノを選び、丁寧に使っていく。

その結果、長持ちするし愛着も湧く。

最終的には使うお金も少なくてすむのではないかと思う。

いいモノを丁寧に長く。

そんな心がけを推奨していきたいなと思います。

関連記事:

HOME

RELATED POST

   

NEW POSTS

CATEGORY



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017