エンジニアが学んだことをお伝えします

2018-01-03 Life, View

0.555…秒の価値。箱根駅伝を見て感じた時間の大切さ

今日は2018年の1月3日。

お正月の伝統イベント、箱根駅伝をやっぱり見てしまう。

毎年起きるドラマに感動する人も多いだろう。

今年もあった。印象的だったのは….

9区から10区。わずか5秒でつながらなかった襷

復路ではトップから20分以上離されてしまうと繰上げスタートとなり、たすきが途切れてしまう。

今回、國學院大学は9区から10区への中継でギリギリ襷をつなぐことができなかった。

あと5秒。あと20m。

無念、相当な悔しさ。

ただテレビの前で見ているこちらですら涙が出そうになったほど。

襷をつないできた選手たち、チームのメンバー、応援している人々には一生忘れられない5秒になるに違いない。これ以上悔しいことはないくらいに。

9人の選手でつないできたわけだから5÷9=0.555….秒の計算だ。

1人約20km走って0.555..秒ずつか….

ああ計算しただけでなぜかこっちが泣きそうになってきた。

時間の価値

一生お金に困らない人のシンプルな法則―究極のミリオネア入門」マイケル・ルボーフ著に時間に関する素晴らしいコラムが載っている(一番最初に誰がこのコラムを創ったのかは分からない)。以下は一部の抜粋。

….時計は動いている。今日という日を最大限に活かすのだ。

  • 1年の価値は、卒業試験に落ちた学生が知っている。
  • 1ヶ月の価値は、未熟児を産んだ母親が知っている。
  • 1週間の価値は、週刊誌の編集者が知っている。
  • 1時間の価値は、待ち合わせをしている恋人たちが知っている。
  • 1分の価値は、電車やバスに乗り遅れた人が知っている。
  • 1秒の価値は、事故で命拾いした人が知っている。
  • 1千分の1秒の価値は、オリンピックの銀メダリストが知っている。

……一瞬一瞬を大切に扱おう。

今日の箱根駅伝を見て、この内容を思い出した。

0.5秒の価値は箱根駅伝を走ったランナーが知っている。

おわりに

2018年は時間を今まで以上に大切にしていきたい。

ランナーのみなさんは今後も胸張って走り続けてほしい。

全力で走って多くの人の心を動かしたのだから。

選手の皆さん、各チームのみなさん、大会を支えたみなさん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

HOME

RELATED POST

   

NEW POSTS

CATEGORY



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017