エンジニアが学んだことをお伝えします

2017-11-23 Fashion, Less is More

シンプルな鞄を探しているなら、TRIONのブリーフケースが素晴らしいですよ

Trion bag

僕が長年愛用しているバッグがある。

シンプルなデザイン、使い勝手も素晴らしく、丈夫。

TRIONというメーカーのA Seriesにカテゴライズされるブリーフケースだ。今日は僕がオススメできる鞄について、写真を交えながら素晴らしいポイントを紹介したい。

TRION(トライオン)について:

TRIONは野球などで使われるグラブを長年製造しているブランド。その技術が生かされ、革本来の持ち味と、丈夫を兼ね備えたデイリーユースのバッグです。

 

究極にシンプルなデザインのブリーフケース

Outside View

Trion bag front

表にはなんの装飾もない、とてもスッキリとしたデザイン。Less is More. ミニマルとはまさにこのようなデザインを言う。

素材の良さを最大限に活かしている。

 

以下の写真のように、裏側にはポケットが設けられている。僕はここは全く使用していないので使い勝手はよく判らない。

Trion bag back

 

Inside View

内側を覗くと、実用性を考慮したポケットが設けられていることが判る。

サイズとしては、以下の写真のようにA4サイズのクリアファイルが余裕をもって入れられるくらいの幅がある。

携帯電話用のポケットは厚みのあるレザーケースを付けたiPhone 6にジャストサイズ。(同じタイプのケースを装着したiPhone Xが入ることも確認済 2017/12/8)

これはとても使い勝手がよくて、とにかく携帯電話が取り出しやすい。このようなポケットがない場合、携帯電話がバッグの底の方に位置していてすぐに見つけられないことがある。

 

さらにこれより少し大きめのポケットもついていて、僕はココにイヤフォンやリップクリーム等を入れている。

写真には写っていないけど、ポケットがある方の反対側にもジッパーポケットが設けられている。

ペンを差し込める箇所が2つあるが、TRIONのサイトで最新モデルの写真を見ると省かれている。実際僕は使っていないし、なくても問題はないと思う。よりシンプルに、ミニマルに、進化しているなと感じる。

マチは薄いけど、以外とモノは入るという印象。

 

ブランドタグ

TRIONのタグは内側にだけある。しかもあまり主張しない感じで。

Trion A series bag inside view tag

鞄そのもののデザインと質で勝負してます、という心意気なのかもしれない。ステキ。

 

おわりに

最近どのような商品を扱っているのかTRIONの公式ウェブサイトをチェックしてみたところ、Aシリーズバッグは今も複数のラインナップが取り扱われている。

今回紹介しているのはA112というモデルに近い。

僕がこのカバンを購入したのは、5年以上前だと思うけど、ほとんどデザインが変わることなく販売が継続されている。シンプルだからこそ多くのユーザーに愛され形を変えることなく販売し続けているのだろう。

丈夫でシンプル、そして格好いいデザインだからこそ使い続けられる。

さらにビジネスにもカジュアルにもいける。

流行り廃れに影響されることがない。

ということで、オススメできる鞄だと思います。

 

直営店と取扱店

以下の公式ページに販売店舗の情報がまとめられている:

https://www.trion-store.jp/trion/shop.php

直営店は大阪にあるようだが、Smithや東急ハンズでも取り扱っているので実物を見たい人はオフィシャルサイトのショップ情報で確認して行ってみてほしい。

TRION ブリーフケース@Amazon
TRION ブリーフケース@楽天

HOME

RELATED POST

   

NEW POSTS

CATEGORY



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017