エンジニアが学んだことをお伝えします

   
2017-04-09    English
   

英語の勉強をするにあたって最初にすべきこと。辞書アプリをスマートフォンに入れよう。

今まで、英語を勉強・そして英語で仕事をしてきた中で一番多く使い、元を取ったと思うサービスは辞書アプリだ。

これは間違いない。

僕が使っているのは、ウィズダム英和・和英辞典 iOS版。

かれこれ数年以上使い続けている。3000円くらいしたと記憶しているが、先行投資としてこれだけリターンが大きい投資はないのではないかと思っている。

正直他のアプリを使ったことがないので比較はできない、そういった情報は他のサイトで探していただければと思う。最低限の辞書機能と単語の発音が聞ける機能があれば、あとは好みで選んでいいんじゃないだろうか。

なぜ辞書アプリを最初に入れるべきか?

なぜ最初にすべきことが辞書アプリのインストールなのだろうか?

それは、とにかく早く・簡単に・ストレスなく調べがつくというのはとても重要だから。

等々挙げればきりがない。

もちろんgoogleで検索すれば同様のことができるだろう。例文を表示してくれるウェブサイトもある。

ただ、手軽さとスピード感は辞書アプリの方が優れる。そして信頼性も高い。

今の時代、分厚い辞書を持ち歩く必要なんてない、圧倒的な情報が片手に収まる時代。昔使っていた紙の分厚い辞書では発音なんて聞くことはできなかった。

でも今は小さなデバイスにいくらでも情報を詰め込める。あんな分厚い英和辞典をスマートフォンに入れられる。なんて便利な世の中になったんだろう。

電子辞書も選択肢としては悪くないと思うけど、スマートフォンを持っているならアプリをそこにダウンロードした方がいい。どんなときも常に持ち歩いているデバイスに入れておくことが重要。ちょっとしたときに英単語の意味を調べる。これがきわめて重要だ。

ちなみに、僕が使っている辞書は多少スペルを間違えても、予測して単語を探してくれる。これがまたすごく便利で、仕事をしながら使っていてすごくストレスがない。えいや、で入力すればだいたいの答えにたどり着く。このあたりの使い勝手はアプリをダウンロードする前に調べておくといいかもしれない。

英語の勉強を始めようとしている方へ。まず英語辞書アプリを購入し使い倒すことを強くオススメします。

HOME

Related Posts

   

New Posts

Category



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017