エンジニアが学んだことをお伝えします

   
2017-05-01    English
   

英語の勉強初期の頃に英単語をどうやって覚えたか。1冊の単語帳をひたすら覚えるまで使い続けること。オススメはDUO。

英単語を覚えるにあたって、最初どこから取り組めばいいのか?

英語が苦手な人はまずここからスタートするだろうと思う。

中学・高校では授業やテストで必要なはずなので、単語帳を使って単語を覚えなければいけない状況にみなさん置かれていたはずだ。僕は学校ではTarget 1900を使っていた。一方で速読英単語も試していたりした。そういえばNintendo DSのソフトも試してみたりした。

でも身につかなかった。。

社会人になり、推薦されたのはDUO。

思ったより知らない単語が多くて苦戦した記憶があるが、とにかくひたすら繰り返した。

まず最初は日本語を読んで英語の単語の意味と構文を理解する、次にそれを記憶する、そして口に出して発音する。

CDはもちろん必須で、必ず手に入れよう。発音とリズムは大事だから。

次に状況を頭でイメージしながら英語を読んで発音する。この際に日本語は意識から外す。


何周もして文章丸ごと記憶するくらいまでやること。

CDは毎日通勤時間に聞きつつ、心の中でシャドーイングを繰り返す。

何周もすると、いやでも記憶に残るようになる。DUOのいいところは文章ごと覚える形になるので、熟語や構文も全てではないが身につくこと。

正直、僕が社会人になってから、純粋に単語を覚えるという目的で実施したのはこれだけ。書くのは簡単だが継続が一番難しい。

あとはニュースを読むたび、英会話レッスンで知らない単語がでるたび、仕事で知らない単語がでるたびに辞書で調べて覚えるようにした。

ある程度英語の文章を読むスピードがついたら、英語の本を読むことに挑戦したが、これも効果的だった。なぜなら、同じ筆者の文章にはその人がよく使う表現が何度もでてきて、本を最後まで読む頃にはなんとなく頭に残るから。

知らない単語が多すぎると、文章を読むにあたって止まってしまう回数が多くなり内容を理解するのを妨げることになる。とにかく英語の文章をたくさん読みましょう、というアドバイスももちろん正解なのだが、やはり最低限の単語力は必要でありそれは単語帳を使ってある程度のレベルまでは覚えましょうということになる。

強調したいこと

一つだけ強調したいのは、同じ単語帳をひたすら覚えるまで続けることが大事だということ。何回も繰り返すこと。目で読んで、音で聴いて、口に出して、紙に書いて、何周もして徐々に身についていく感じ。

僕は何冊も単語帳を買っては挫折し、中途半端になって、結局ほとんど成果はなかった。なお、記憶力の良い人はこれでも良いかもしれないので否定するものではない。ただ、それでうまくいかない人はぜひ、僕のやり方も参考にしてもらえればと思う。

DUO3.0の口コミや価格はこちら:
DUO 3.0@Amazon

関連記事

HOME

Related Posts

   

New Posts

Category



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017