エンジニアが学んだことをお伝えするブログ

   

『フィンランド人が教えるほんとうのシンプル』を読んでの感想。

2021-06-20    Book, Less is More
フィンランド人が教えるほんとうのシンプル

本屋をぶらぶらしたときに目に入った本。

『フィンランド人が教えるほんとうのシンプル』著者:モニカ・ルーッコネン

パラパラとめくっていい雰囲気だったので、Kindleで購入。コンパクトなボリュームですぐに読了、あっという間に読めた。

いわゆるミニマリストとかシンプルなスタイルとかそういった表層的な言葉についてではなく、「何を大切にするの?」といった内容を著者の視点から語ってくれる。

簡単に本書について紹介したい。

この本がおすすめの人

って感じだろうか。

読んでみての感想、感じたこと

章ごとに短くまとまっているので読みやすい。

それぞれの章は「フィンランドでは…」から始まることが多い。情景が浮かぶ。

所々で入る写真もいい。

フィンランド人が教えるほんとうのシンプル

ああ、そういう時間を過ごしてみたいな、と思える過ごし方がたくさん紹介されている。

湖があって、そこに座って瞑想する、坐禅をする、そんな場に身を置いて過ごしてみたいなと思った。

ともすると「フィンランドいいなぁ」で終わってしまいそうだけど、そうではないのが本書。そこが本質ではない。必ずしもフィンランドに来る必要はないととく。日本には日本の素晴らしさがあるでしょう、と。

大事なことは何か、それに気づきのヒントを与えてもらえるかもしれない。

僕はそう感じた。

どこかの章でふれられた文言が僕にとっての一番のポイント。得たもの。

「ぜひ、近くの自然の中に神秘的な瞬間を見つけてみてください。それが、ただの赤く染まった近所のモミジの葉でもいいのです。」

HOME

Related Posts

   
   

Category



Yo
エンジニア(Mechanical)。日々の生活や読書、仕事などから学んだことをまとめます。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017-2021