エンジニアが学んだことをお伝えします

   

可能性を表す英語をリストアップ。あいまいに言いたいときに使うフレーズ集

2020-06-11    English
あいまいな英語 用例

あいまいに伝えたいとき、言い切れないとき、というのはあらゆる場面であるもの。

日本語だと「きっと」とか「たぶん」とか、「かもね」とかすぐ思い浮かぶ。

ところが英語となるとそうはいかない。油断するとprobablyとかmaybeを多用しがち。でも海外で仕事をして思ったのは、ネイティブの人たちはこれらの言葉をあまり使わないな、ということ。

ということで、たくさんある「可能性やあいまいさ」を表す用語をリストアップしてみる。参考になれば幸いです。

可能性やあいまいさを表現する英語

思いつくものを挙げていく。主語や文章の内容は適切に変更くださいませ。

It could…(…かもしれない)
It might…(…かもしれない)
It may…(…かもしれない)
It will…(…だろう)
It would…
It must be…(…に違いない。きっと…だろう)

I would say…(…と言うかな..)
I think…(…と思う)
I believe that… (…と思う)
I suppose …(…であろうと思う。自信ないイメージ)
I guess… (と推測する)
I hope…(…であってほしいと思う)

most probably(まず間違いなく)
probably (多分、十中八九)
presumably (根拠あって推測するときに使う。エンジニアリングの仕事ではよく聞いた)
perhaps(30-50%程度の確度、maybeよりかための表現)
maybe (30-50%程度の確度)
possibly (ことによると、もしかすると)

It looks like…(…のようだ)
It sounds like…(…のようだ)

It seems that…(…のようだ)
It appears that…
It appears to be…
There seems to be … (…があるようだ)
It is likely to be…

Chances are (that)… (たぶん…であろう)
There is a possibility that…(…の可能性があります)
My understanding is that…(私の理解は…)
My guess is that…(推測ですが)

As far as I know, (知る限りでは)
As far as I remember, (覚えている限りでは)

おわりに

リストアップしてみて、思いの外たくさんパターンはあるなーと。

毎回あいまいな回答しかしないとあまり仕事にならないものの、絶対と言い切れない時はそう表現したほうが間違いないので、ぜひ様々なパターンを習得したい。日常会話では非常によく使うことになると思う。

辞書を片手にこれらの用語を調べてみて、使用方法や用例をチェックいただければ。

関連記事

HOME

Related Posts

   
   

Category



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017-2020