エンジニアが学んだことをお伝えします

2018-01-14 Mac/iPhone/iPad

iPhone 6バッテリー交換をApple公式ホームページから申し込んだら、予想以上に長期戦になりそうな話

先日iPhone 6からiPhone Xに買い替えたという記事はたくさん書いた。

iPhone 6はどうしたかというと。。。

悩み続けた1ヶ月

3年ほど使ったiPhone 6も、売却すればそれなりの金額にはなる。いままで買い替えのたびに売ってきた。

いくつもスマートフォン持ってても普段は使わないし。

一方で使い道がないわけではない。

散々悩んだ結果、3日間ほど海外に行くの予定があるのでバッテリーを交換してしばらく使用することにした。

iPhone 6のバッテリー交換を申し込もうとしたら話が長くなり・・・

話の一部始終をまとめよう

最初の流れ

1.Apple公式ウェブサイトからiPhoneバッテリ交換を申し込む

ここでは配送修理を選択した。

 

2.Apple IDでのサインインを求められる

 

3.2ファクタ認証を求められたので対応

4.iPhone 6を選択

 

5.オンライン修理はご利用いただけません

・・・

 

なにー!

 

iPhoneのバッテリー交換が必要ですか?って最初に聞かれたからそのまま進めたのに。。。この仕打ちは。。。

 

Appleサポートに問い合わせ

アップルのチャットシステムでサポートに問い合わせてみた。

この後の会話の流れ:

AppleサポートiPhone 6の交換用バッテリーがApple Store と Apple 修理センターにて 枯渇している状況

以下の2点から選択してほしい。

  1. 最寄りの Apple 正規サービスプロバイダに連絡し、iPhone 6のバッテリー交換がすぐに受けられるか確認。 その上で、Apple 正規サービスプロバイダへの来店を検討。
  2. 最寄りの Apple Store でバッテリー在庫が潤沢になるタイミングでメール連絡にて納期の見通しをお伝えするので、 その上でApple Store に来店

Yo:2.でお願いしたい

Appleサポート:では、Apple のエンジニアや工場技術者にバッテリー状況を集約するために、バッテリー診断を実施させてほしい

Yo:Appleサポートの指示に従ってiPhoneの操作を行う。

最後にAppleサポートより、今回の件のお詫び&後日メール連絡が入るのを待つ旨の言葉をいただきチャット終了。

今後はどうなるのか・・・

もともと8800円必要だったバッテリー交換が2018年は3200円とかなりお安くなっている。申し込みが殺到しているに違いない。僕もその一人なわけだけど。。

2018/1/14現在システム更新中のようだし、郵送による交換を推奨されなかったところを見ると、バッテリー更新申し込みの方法が変わるのかなと推測する。

とりあえずやることはやったのでAppleからのメールを待つのみ。

いつになることやら。海外に行くまでに間に合うかな。。。

 

1/19追記: Appleからバッテリーを発注したという連絡がきた。交換用 バッテリー到着まで2週間程度かかる見込みとのこと。

2/4追記:Apple Storeからサービスパーツが到着したというメールが届いた。次の週末にApple Storeに行こうかな。

2/12追記:バッテリー交換完了。以下の記事参照

iPhone 6のバッテリー交換のためにApple表参道へ。引き渡しから受け取りまでの流れとかかった時間

HOME

RELATED POST

   

NEW POSTS

CATEGORY



Yo
30代エンジニア。日々の生活や読書、仕事や海外での経験から学んだことをまとめるブログ。
好きなものはApple製品、コーヒー、革製品、デニム。旅とカメラも。Less is More.な生活に憧れる。
Profile詳細

© Yo 2017